赤ちゃんが生まれたら、

一般的にはママのご実家のおじいちゃん、おばあちゃんが、

赤ちゃんのために「初着(うぶぎ)」を用意してあげます。

 

赤ちゃんは生まれて1ヶ月くらい(男の子は30日目、女の子は31日目)に、

おばあちゃん(パパのお母さん)に抱っこされて、

その上に初着をかけてもらい、お宮参りをします。

 

 

初着はその後、七五三などの子供の成長を祝う場面で着ます。

(他にも着る機会はたくさんあります。詳しくは、
生まれてきてくれてありがとう♡赤ちゃんに初めての着物「初着」を用意してあげよう』を見てね)

 

 

子供の着物の大きさはいろいろあって、

「一つ身(ひとつみ)」、「三つ身(みつみ)」、「四つ身(よつみ)」があります。

それぞれの大きさは、

一つ身 0歳〜3歳

三つ身 3歳〜4歳

四つ身 5歳〜10歳

くらいが目安です。

身幅、着丈のサイズの違いで大きさが違います。

お宮参り おぼろ染め四つ身とおぼろ染め訪問着

ママもおばあちゃんもみんな着物でお宮参り。
赤ちゃんの初着は「おぼろ染め」のよつみの着物、ママの訪問着も「おぼろ染め」です。

 

当店では、この辺りの風習もあって、

男の子の初着は「一つ身」、女の子の初着は「三つ身」か「四つ身」をご用意しています。

男の子の七五三は3歳と5歳に下に袴をはいて着るので一つ身、

女の子の七五三は3歳と7歳なので、大きくなっても長く着られるように、

三つ身か四つ身をおすすめしています。

 

おぼろ染め四つ身着物

優しい色合いの桜の絞りが美しいおぼろ染め四つ身の着物

 

赤ちゃん用品などを扱っているお店では、地域的な風習などは関係なしに、

一つ身しか扱っていないことがほとんどです。

 

しかし、体の小さい子供に、大きな着物を大人に着物を着せるように、

腰ひもでグッと締めて着せたりしたら、

苦しがって「もう着物を着たくない!着物キライ!!」な子になってしまいますよね。

 

子供が少しでもラクに着物が着られるように、

大きな着物をジャストサイズで着られるように、

「肩あげ」と「腰あげ」、

必要であれば「袖あげ」をして(総称して”縫い上げ”と言います)、

子供が着物を着たら裄も着丈もピッタリに縫って調節します。

 

せっかく赤ちゃんのために用意してあげるのなら、

喜んで長く着てもらえるものを選んであげたいですね。

 

山本呉服店は子供の着物でも、当店でお買い上げの着物は着付け無料!

赤ちゃんの初着は、

山本呉服店池田店、きものやまもと北方店へ選びに来てくださいね!