山本呉服店

山本呉服店流「腰ひも1本のラクな着付け」③道具の準備、足袋の履き方、肌着の着方

山本流「腰ひも1本のラクな着付け」。

サイズの合う長襦袢と着物が用意できたら、いよいよ着付けです。

 

《道具の準備》

着付けに必要な道具は、あらかじめ手に取りやすいように準備しておきます。

・腰ひも1本
・コーリン結び1組
・伊達締め1本
・前板
・半幅帯
・着付けクリップ

前板は椅子や机の上など手に取りやすい高さに置いておきます。

腰ひも、コーリン結び、伊達締めなどの長い物は、鏡やハンガーなどに立ったまま取れるように掛けておきましょう。

腰ひもや伊達締めの真ん中を持てるように掛けておくのがコツです。

着付け途中にかがんで取ったり、あちこちへ動くと着崩れのもとです。

道具の準備

半幅帯ではなく、名古屋帯、袋帯をする時には、

・帯枕
・帯揚げ
・帯締め

・お太鼓を結ぶ用の腰紐(仮紐)2本

が必要です。

 

 

 

 

《足袋、肌着》

①足袋の履き方

足袋をはく時には、しっかりお尻をおろして、足首が直角になるようにして履きましょう。

立ったままや、足首を伸ばしているとこはぜが掛けにくいです。

足袋からキレイに履けるようにしましょう。

 

① 履きやすいように、足袋を真ん中まで広げます。

② 足を入れます。

③ 足首が直角になるようにして、こはぜを下から掛けていきます。

 

正しい足袋の履き方

正しい足袋の履き方 下から掛ける2

 

下の写真は「間違った履き方」

間違った足袋の履き方 後ろから掛ける

こはぜを後ろから通そうとしたり・・・

 

間違った足袋の履き方 後ろから掛ける

上から掛けてはいけません。

 

 

②肌着の着方

ワンピースタイプ、上下分かれているものなど、肌着の種類はいろいろあると思いますが、

一番のポイントは「衿ぐりが深いこと」。

衿ぐりが浅いと、長襦袢を着た時に、後ろから肌着が見えてしまいます。

着た時に、後ろへ引っ張るのも忘れずに!

肌着の着方 衿から見える

↑コレではカッコ悪いですよね。

正しい肌着の着方 衿から見えない

衿から見えない様に気をつけましょう!

 

更新日 | 2022/11/25

カテゴリ | 山本呉服店流着付け・やきいも部

山本呉服店流「腰ひも1本のラクな着付け」②着物を着る前に。長襦袢、着物の点検と準備。

山本流「腰ひも1本のラクな着付け」。

 

《長襦袢の点検》

着物を着る前に、長襦袢の点検をします。

①半衿はついているか?

②引っ張り布(衿抜き)はついているか?

 

付いてなかったら、半衿を付け、長襦袢の背中心に、キレイに衿を抜くために「引っ張り布」を付けましょう。

当店でお買い上げいただいた長襦袢には、はじめから付けてあります。

 

引っ張り布にもいろいろあって、簡単に背縫いにそって糸やゴムで付けてある物や、巾の広い布が縫い付けてある場合もありますが、

当店の引っ張り布は、衿がキレイに抜ける絶妙な幅の布に、ちょうどいい高さにコーリンベルト通しが付いています。

 

糸やゴムではなぜダメなのか?

背中心部分しか引っ張れないので、まるくキレイに抜きたい衿の後ろがV字になってしまいます。

せっかく良い衿芯でも、V字になってしまっては美しくないですよね。

 

同じ理由で、幅が広すぎるのもダメです。

引っ張れる幅が広いので、衿の後ろが四角くなってしまいます。

後ろ姿の衿がキレイなU字になるように、計算して引っ張り布の幅は決まっているのです。

 

引っ張り布の下は千鳥がけで長襦袢にとめます。

とめる理由は、着物を着て腰紐でウエストを締めた後でも、下から引っ張って直すことができるためです。

止めていないと、腰紐より上へ上がってしまって引っ張り直せなくなります。

引っ張り布の下は縫いつける

 

ちなみに、

半衿付けは税込1100円(半衿代別途)、

キレイに衿の抜ける山本呉服店特製「引っ張り布」は税込880円、

当店で長襦袢に引っ張り布を付ける場合は税込3300円(引っ張り布代含む)で承ります。

 

《着物の点検》

着物と長襦袢は裄(ゆき:首の中心から手首までの長さ)と袖丈(そでたけ:袖の袂の長さ)が同じものを着ましょう。

長襦袢の裄が長いと、着物の袖口から長襦袢が飛び出てきます。

自分用の寸法に仕立ててあれば問題ないですが、お母様やご親戚から譲り受けた着物などは、合わないことがあります。

山本呉服店では無料で点検しますので、わからないときはお店へお持ちくださいね。

 

 

《長襦袢の準備》

①衿芯の入れ方

衿芯を長襦袢に付けてある半衿の内側に入れます。

内側に入れるのは衿ぐりの後ろがピンとキレイになります。

衿芯を半衿内側から入れる

↑半衿の内側に入れていきます。

衿芯を順繰りに送っていく

↑入れにくい時は順繰りに送っていきます。

 

間違って外側に入れると、衿ぐりの後ろで半衿にシワがよってしまいますし、

前から見た時に衿芯が透けて見えたり、段差が出来てしまいます。

間違った衿芯の入れ方 外側へ入れる

↑間違った入れ方。半衿の外側から通しています。

間違った衿芯の入れ方 外側から入れる アップ

↑衿芯が透けてしまいます。

②コーリンベルトを通す

引っ張り布にコーリンベルトを通します。

通したら、両端の留め具を、それぞれ左右の『身八つ口(脇の下の開いている所)』の前身頃側に仮止めしておくのがコツです。

仮止めしてないと、ぶらぶらした留め具を後ろ手で取る事になり、ねじれたり、左右取り違えたりして手間がかかります。

無駄な動きをなるべく減らして、手早く着るのもキレイに着付けるコツです。

 背中心に引っ張り布 コーリンベルトを通す

 

 

更新日 | 2022/11/15

カテゴリ | 山本呉服店流着付け・やきいも部

山本呉服店流「腰ひも1本のラクな着付け」①道具も腕のうち!よい道具を揃えよう!

山本呉服店では、『山本流・腰ひも1本しか使わないラクな着付け』で、着物や帯をお買い上げいただいたお客様に着付け一生無料のサービスをしています。

「着崩れしなかった!」「苦しくないから食事が全部食べられた!」とご好評をいただいています。

その山本流のラクな着付けをお教えする着付け教室『やきいも部』の部員さんからのご希望により、お家で復習できるようイラストや動画を作成して順次アップすることにしました。

まずは着付けを習う前に必要な道具をご紹介します。

 

 

《良い着付け道具を揃えよう》

世の中に着付け道具はいろいろありますが、当店では着る人と着物に優しい道具を厳選しておすすめしています。

自分がラクにキレイに着るため、着物や帯を傷めないための道具を揃えましょう。

 

*〜*着付けのお稽古に必要なもの*〜*

各道具について詳しくはリンク先でご確認ください。

*肌着(肌襦袢)
ワンピース型で衿ぐりが開いているものがおすすめ。
紐をゆるく結んでおくだけで締め付けず楽に着られます。
昔ながらの上下に別れているものは、裾除けを紐でしめるので、体を締め付ける紐は1本でも少ない方が楽です。

*足袋

*衿芯 『着物美人な後ろ姿になる衿芯

*腰紐(正絹)1本  『食い込まない腰ひもでラクラク』

*コーリンベルト 『ラクな着付けの必需品コーリンベルト

*コーリン結び  『着崩れしない!コーリン結び

*伊達締め(正絹) 『着付けの肝心要・着崩れしない伊達締め

*前板 『シワなんて怖くない前板

*帯枕 『着物美人な後ろ姿になる帯枕

*補正パッド
着物をキレイに着るには『寸胴』が一番!ウエストとヒップの差を少なくします。
補正パッドをしておくと、
①腰紐が直接体に食い込まない
②お太鼓のたれが上に捲れない という利点があります。

*和装ブラ
補正パッドと同じく『寸胴』にするため、胸を抑えるブラです。洋服用のブラは『寄せて上げて』が基本。
そのまま着物を着ると、帯の上に胸が乗って、老けて見えたり、キリッとした着姿になりません。

 

あなたのお持ちの道具と比べて、いかがでしたか?

良い道具を使うのも、キレイな着物姿をつくる腕のうちです!

「昔買ったのがあるから」と安心していてはいけません!劣化するものもあるので、こまめに点検してくださいね!

更新日 | 2022/11/11

カテゴリ | 着付道具山本呉服店流着付け・やきいも部

締めやすさ抜群!誰も締めてない!珍しい『組帯』ってどういうの?組みの半幅帯、名古屋帯、袋帯が入荷♪

《組帯って、普通の帯とどこが違う?》

普通、着物や帯などの”織物”は、タテ糸とヨコ糸が直角に交わり作られています。

『組帯(くみおび)』は、1000年以上前に誕生したと言われる『京くみひも』の技術を使って作られています。

いわば幅の広い帯締めみたいなもの。

 

『組み』の技法は、奈良時代、大切な経典を保管する組紐や、貴族の装飾品として使われていました。

それらは今も正倉院や法隆寺の宝物館、厳島神社などに収蔵されています。

 

普通の組紐を組むときは下の写真のような道具を使います。

組紐の作り方。たくさんの色糸を順番に組んでいきます。

 

同じ技法で帯のような大きなものを組むには、糸の数も何倍も必要になるので、下の写真のような直径5mにもなる、『大型環状織機』で作られています。

この織機は世界で2台しかなく、もし壊れたら組帯が作れなくなってしまうので、すでに廃棄された織機の部品も引き取り、大切に保管しながら作り続けています。

いつ『幻の帯』になってもおかしくない帯なんです。

組帯を作る機械。高さ、直径5m、世界に2台しかない巨大な組機。

 

組帯は、真っすぐな”タテ糸”に対して、左右からの”タテ糸”が斜め45度の角度で交差して組まれているので、組帯ならではの良さがあります。

《組帯の特徴》

*丸い体にもバイアスに力がかかってしっかりフィット!伸縮性◎!ゆるまない!

*斜めに糸が通っているので独特な絹の光沢があり、品良くキレイ!

*シワになりにくく、飾り結びをしてもヘッチャラ!

*ハリがあってふっくらキレイに結べる!

*薄くて軽い!

*グラデーションがキレイ✨

*幾何学模様でどんな着物にも合わせやすい!

 

《組帯、こんな方へオススメ!》

組帯は半幅帯、名古屋帯、袋帯の3種類。スッキリと着こなしたい方にピッタリの帯です♪

*自分で着物を着る方へ。しっかり締まって緩まないからパッと結べる!ハリがあるのでお太鼓の形もふっくらキレイ✨

*着物を気楽に楽しみたい方へ。どんな着物にも合わせやすい色柄だから小紋や紬にも◎!

*おなかの柄の位置に困っている方へ。ずっと柄のある”全通”だから、長さ充分!ポイント柄じゃないから結びやすい位置で結べる!
ほっそりさんもぽっちゃりさんも安心♡

*母娘孫、3世代でシェアしたい方へ。七五三に半幅帯で羽をたくさん作って可愛く結べる

 

コーディネートのしやすさ抜群!!

シンプルな小紋も柄がいっぱいの小紋も、紬の着物もスッキリ着こなせます。

杢目絞りや無地の着物に組みの袋帯を合わせて、お子さんの入卒や、観劇にもオシャレに品良く着られます。

 

 

〜*新入荷!組帯の会 開催*〜

帯締めと同じ技法で作られた『組帯』を直接工房へ行って、当店のお客様のお好みに合うものを厳選して仕入れてきました!

半幅帯、名古屋帯、袋帯が勢ぞろい!合わせたい着物があればお持ちくださいね。

ぜひこの機会に組帯のしなやかさと美しさを手にとってご覧ください!

 

日時:令和4年11月11日(金)〜14日(月)

場所:山本呉服店池田店 TEL0585−45−7140

更新日 | 2022/10/17

カテゴリ | 袋帯名古屋帯細帯・半幅帯

11月3日は三輪神社へ!〜山本呉服店・結婚式のご案内〜 

来る11月3日(木・文化の日)、

当店社長・山本千恵子の妹、山本真理子の結婚式を

揖斐川町 三輪神社にて行います!

 

三輪神社と山本家はすぐお隣り。

千恵子・真理子姉妹も、母で会長の由紀子も、三輪神社のお祭り『いび祭り』の名物、子供歌舞伎に出演したり、子供の頃から庭のように遊んでいた場所。

山本家と代々ご縁と思い出のある神社で結婚式を挙げることになりました。

 

一緒にフラワーシャワーでお祝いしたり、福菓子もお配りしますのでもらいに来てくださいね!

地元のお客様みなさまも、花嫁姿を見に来ていただけると嬉しいです♪

 

 

*****当日の予定*****

【 神前挙式 】

〇日時:11月3日(祝日・文化の日)

参進    11:30~ 山本呉服店本店 本町通りより三輪神社まで徒歩にて参進いたします
挙 式   11:40~

フラワーシャワー 12:30〜

福菓子配り 12:40~ ※少雨決行

〇場所: 揖斐川総鎮守 三輪神社
〒501-0619 岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪1322番地
電話 0585−22−1511

 

〇駐車場:当日ご利用いただける駐車場

・三輪神社さま 南側駐車場

・松林寺さま 北側駐車場

・長源寺さま 専用駐車場

・揖斐森林事務所さま 西側駐車場

・竹中医院さま 東側駐車場

(当日は三輪神社さまの駐車場はご利用いただけません。ご注意ください)

 

グーグルマップはこちらへ↓
https://goo.gl/maps/RCbhAo9JckQqKoYH9
 

 

 

当日の花嫁衣装は真理子の祖母・昌子が選びました!

この晴れの日を多くの方に祝って頂ければこの上ない幸せです。

そして、当日は晴れの日に相応しい快晴になりますように、皆さまも願っていて下さいね!

 

なお、店頭でお配りしている『結婚式のご案内』の紙を当日お持ちいただいた方には『いいこと』あるかも!? 揖斐本店、池田店、北方店でもらってくださいね♪

 

三輪神社での挙式後は『祝いの宴』としてささやかながらお食事会(会費制)を開きます。

詳しくは山本呉服店オフィシャルブログ『山本呉服店 結婚式のご案内』をご覧くださいね。

 

 

尚、狭い地域ですので、駐車場が少なくなっております。できる限り乗り合わせでご来社いただけると助かります。
※三輪神社境内、駐車場で発生したお客様間のトラブル、事故、事件、盗難、負傷等について主催者は一切切責任を負いません。
※一時的に混雑が予想されますので、近隣にお住まいの方のご迷惑とならないようご配慮ください。

山本呉服店 揖斐本店
TEL 0585−22−0140

 

揖斐川総鎮守 三輪神社

更新日 | 2022/10/17

カテゴリ | 催事・イベント情報

店舗紹介店舗紹介

  • 揖斐本店

    揖斐本店

    岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪581-1
    TEL:0585-22-0140
    営業時間:9:00~18:00
    定休日:水・木曜日

  • 池田店

    池田店

    岐阜県揖斐郡池田町八幡2580
    TEL:0585-45-7140
    営業時間:10:00~18:00
    定休日:水・木曜日

  • 北方店

    北方店

    岐阜県本巣郡北方町 平成3丁目-74-1
    TEL:058-323-8140
    営業時間:10:00~19:00
    定休日:水・木曜日

  • 京都サロン

    京都サロン

    京都市中京区観音堂町4511
    TEL:075-744-6595
    営業日・営業時間は
    お問い合わせください

お問い合わせ
ご相談は
お気軽に

お問い合わせご相談はお気軽に

商品に関するお問い合わせ、
コーディネート相談、
ご購入の相談など、
お気軽にお問合せください。

お電話で

0585-22-0140

営業時間:9:00~18:00(水・木曜 定休日)

お問い合わせフォームお問合せフォーム