山本呉服店

お宮参り

男の子が産まれたら、お家の家紋が入った初着を作ろう!

赤ちゃんが生まれたら、1ヶ月後に神社で、無事に生まれた事への感謝と、これから無事に成長しますようにと願うお宮参りをしますよね。

お宮参りは、生まれて初めてのお祝い行事。
その時に赤ちゃんに羽織らせてあげるのが「初着」です。

初着は、色はもちろん、使われている技法にも色々種類があります。
そして、描かれている柄一つ一つにも色んな意味が込められています。

父方の祖母が赤ちゃんを抱っこして、初着を掛けます。

 

山本呉服店に選びにいらっしゃるお客様はみなさん、生まれてくる赤ちゃんの事を思って、その子のために一番いいなと思う1枚を悩みに悩んで選ばれます。

 

初着を用意しないといけないのは分かっているけど、いつ見に行ったらいいのか、予算や、出来上がるまでの期間など、わからない事だらけですよね。

今回は、男の子の初着を用意するまでの流れや、準備するものをご説明します。

 

〜男の子用の初着とは〜

まず、女の子の初着と男の子の産着では、色柄以外に、大きな違いが一つあります。
それは、家紋が入るかどうかです。

男の子の両胸(背中、両袖合わせて5箇所)に家紋が入っています。

 

男の子の初着には、大人の男性の着物(紋付)に入る紋と同じ大きさの紋が5つ入ります。
女の子の初着には紋は入りません。

家紋とは、それぞれのお家に代々伝わるシンボルマークです。
代々ご先祖様から伝わって来た、家の歴史とルーツをたどる重要な役割があります。

自分の家の家紋がわからないときは探してみよう

 

男の子が産まれたら、跡継ぎとしておうちの紋が入った初着を作り、ご先祖様にも守ってもらえるよう、健やかな成長を願います。
この紋が入るかどうかで、同じ初着でも、時間や用意するものが変わります。

 

 

~お宮参りまでに準備する事~

※基本的に、初着は女の子でも男の子でも、お嫁さんのご実家がご用意されます。
(赤ちゃんがまだお腹にいる時に、お母さん、おばあちゃんと一緒に初着を見に来てね!)

 

⑴  家紋を確認する(男の子の場合)

上記の紋のお話でも書いた通り、男の子の初着には紋を入れます。

紋を入れたり、汚れどめの加工をするのに、最短でも2~3週間お時間がかかるので、産まれてからではバタバタしますよね!
生まれる前に見に来て頂くのをオススメします。

 

下見にご来店の時に、旦那さん(パパ)のご実家の紋(嫁ぎ先の紋)を聞いて、写真など家紋の形が分かるものをお持ちください。
紋の種類は4000近くあり、中には一見見分けがつかないものもあります。

お家に代々伝わって来たものなので、間違いがあってはいけないですよね。

お店には「平安紋鑑」と言って、いろんな紋と名前が載った紋帳があります。
そこで間違いがないよう確認ができますよ♪

 

岐阜は家紋を大切にする地域です。線の1本、多い少ないで全く違う家紋になるのでしっかり確認します。

 

 

⑵ 色や柄を選ぶ

一般的な色は黒・紺。少し変わり色になると、グリーンや白、グレーがあります。

柄は、鷹、兜、龍、巴太鼓、宝船などなど。

どれも丈夫に育ちますように、一生ものに困りませんように、災難から守ってもらえますようになど、意味が込められた縁起のいい柄が描かれています。

紺地に鷹(刺繍・絞り)

白地に兜

黒地に宝船、宝尽くし

 

予算は、山本呉服店ではおおよそ¥73,000~¥280,000

柄の多さ、使われている技法によってお値段は変わってきます。

 

⑶ 初着のほかに必要なもの

お宮参りの時に必要な物は、初着だけではありません。

でんでん太鼓・帽子セットも必要です。

《でんでん太鼓セット》
お宮参りの時、おばあちゃんが赤ちゃんを抱っこして、初着を羽織らせた時に、初着の紐に結びつける物です。

犬張子、でんでん太鼓、のし扇子などが入っており、赤ちゃんが丈夫に育つ様に、長生きする様に、お金に困らない様に、などの意味が込められている縁起物です。

《帽子セット》
お宮参りの時に赤ちゃんが被る帽子と、よだれかけのセットで、縁起のいい絵柄が刺繍されています。

 

赤ちゃんが生まれたら、お店にお電話で男の子が産まれた事、決まっていたらお宮参りの日程などをお伝えくださいね。

お電話を頂いてから、早速家紋入れなどの加工をさせていただき、お宮参りに間に合うよう、ご準備させていただきます。

 

最近は、お嫁さん側がご用意されない場合もあります。

正式には、お嫁さん側がご用意すると決まっていますが、時代も少しずつ変わってきていますし、おめでたい事なので、旦那さんの方が作られても、全然おかしくはありません。

気持ちなので、やってあげたいなと思われたら作ってあげるといいと思います。

 

初着はお宮参りの時だけのものじゃありません。

お食い初めや節句の時に羽織らせてあげたり、

七五三の時には縫い上げをして、袴を合わせて着せてあげます。

せっかくその子のために作ってあげるものなので、着られる間は沢山着せてあげるといいですね✨

 

着られる前の汚れどめ(パールトーン加工)や、着られた後のクリーニングも受け付けています。

子供なので、吐き戻しをしたり、汚れた手で着物を触ってしまったりします。

汚れても大丈夫な様にしておいてあげると安心ですよね。

着られた後も同様に、クリーニングをして、次に着る時にキレイな状態で着せてあげられる様にしましょう♪

分からないことがありましたら、お気軽にお店にご相談くださいね!

 

山本呉服店 池田店
TEL 0585−45−7140

 

きものやまもと北方店
TEL 058−323−8140

あなたも家族の思い出撮って見ませんか??大人気!「山本写真館」。振袖姿はもちろん、七五三、還暦、家族写真など、着物の着付け無料でお手伝いします。

「最近着物を着る機会が少なくなってきたわ…」と言うお声から始まった山本写真館。「お店で着物を着て写真を撮れて、気軽だし、楽しくいい思い出になったわ♪」といつのまにか大人気!になりました♪

あなたも着物を着て、ご家族の節目や記念日を写真に残しませんか?

こんな時に…お宮参り・七五三・入学・卒業・誕生日・成人式・結婚記念・還暦祝い…などなど。最近はご夫婦で撮られる方も増えて来てます!

〈内容〉

・山本スタッフによる、簡単ヘアアレンジ(メイクはあらかじめご自分でしてきてくださいね♪)

・腰紐1本、ラクチン山本着付け♪

・山本スタッフによる写真撮影(紙台紙付き)                                                         ¥3000-

〈必要なもの〉

着たいお着物一式、着付け道具一式

(コーディネートなど分からない!と言う方、事前にご相談に乗ります。

一式持ってご来店下さい♪)

 

 

私もやりたい!!と言う方、山本呉服店、公式ラインから、ご予約お待ちしております↓↓↓

https://lin.ee/i2vjeQG

 

※3日前までに、ご希望の日時をご予約ください!

メイクは事前にご自分でお願いします!

お宮参りから小学生まで着られる!女の子「おぼろ染め」の四つ身着物

地域によって風習の違いはあるかもしれませんが、

この辺りでは赤ちゃんが生まれたら、

ママのご実家で赤ちゃんの初着を用意してあげるのが一般的です。

 

 

せっかく生まれてきてくれたお祝いに着物を作ってあげるなら、

大きくなっても着られる着物がいいですよね!

 

お宮参りから小学生になっても着られる!
注目の的まちがいなし!「おぼろ染め」の四つ身きもの

 

着物全体に繊細なおぼろ染めで桜が描かれた女の子の四つ身の着物。

四つ身なので、肩上げや腰上げ、袖上げをして、

身長140cmくらいになるまで着ることができます。

 

おぼろ染め四つ身着物

優しい色合いの桜の絞りが美しいおぼろ染め四つ身の着物

 

 

上前には、かわいいお花の刺繍。

大人の着物とまったく同じように、

ぼかし染め → 絞り → 刺繍が施されています。

 

上前にはかわいらしい刺繍

おぼろ染め四つ身生地アップ

生地には銀糸が織り込まれていて光の加減で上品に輝きます

 

 

七五三、お稚児さん、お正月、親戚の結婚式などその都度、

お子さんの成長に合わせて縫い上げ(肩上げ、腰上げ、袖上げ)をして着ることができます。

パールトーン加工をしておけば、子供さんでも安心して着せることができますね!

 

 

パールトーン加工について詳しくは、

着物のクリーニングって高いよね!しみ抜き・汚れ落とし無料のパールトーン加工とは?』を見てね。

 

 

注目の的間違いなし!!の「おぼろ染めの四つ身きもの」は、

きものやまもと北方店でご覧いただけます。

 

「池田店の方が近いから、池田店で見たいわ」

という方は、事前にご連絡いただけばご用意します。

 

 

 

更新日 | 2017/08/01

カテゴリ | 初着四つ身お宮参り七五三

生まれてきてくれてありがとう♡赤ちゃんに初めての着物「初着」を用意してあげよう

子供が生まれるのって、誰にとっても楽しみなものですよね。

もうすぐ赤ちゃんの生まれるママさん、ママのご実家のおじいちゃん、おばあちゃん。

生まれてくる赤ちゃんへのお祝いに、

赤ちゃんにとってはじめての着物「初着(うぶぎ)」を用意してあげませんか?

 

初着はお宮参りだけでなく、

その後、子供の成長に合わせて肩あげ、腰あげ(総称して”縫い上げ”と言います)をして、成長の節目節目のお祝いに着ることができます。

 

子供が着物を着る機会は意外とたくさんあるんですよ。

 

「お宮参り」

赤ちゃんが生まれたら、

男の子は30日目、女の子は31日目に氏神様にお参りします。

現在では何日めと厳しい事は言わず、

赤ちゃんやママの体調や気候も考慮したりする方が多いようです。

お宮参り おぼろ染め四つ身とおぼろ染め訪問着

ママもおばあちゃんもみんな着物でお宮参り。
赤ちゃんの初着もママの訪問着も「おぼろ染め」の着物です。

 

嫁ぎ先のお母様(おばあちゃん)が赤ちゃんを抱き、

赤ちゃんの上に着物の柄が見えるように「初着」をかけてあげます。

 

 

「七五三」

子供の成長を祝う七五三。

男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳に、

こんなに大きくなりました、と神様にお礼にお参りします。

お宮参りに掛けた着物を、肩あげ、腰あげして、

お子さんのサイズに合わせて着せます。

10歳くらいまで着られる「おぼろ染め」の四つ身の着物を、肩あげ、腰あげ、袖あげして、3歳の七五三に着たSちゃん。ポーズも決まってます♪

七五三 男の子 のしめ 袴 訪問着

男の子は「のしめ」と呼ばれる一つ身の着物に袴を合わせます。
ママも訪問着で♪

 

「お稚児さん」

お寺の本堂落慶法要などに、お稚児さんの衣装に合わせて着物を着て、

化粧をして練り歩きます。

お寺で用意している白いのは、着物がない人のための代用です。

お稚児さんに3回出すと幸せになると言われています。

 

他にも、親戚の結婚式、お正月、端午の節句、ひな祭り、家族の記念写真など、

大人に負けないくらい子供の着物を着る機会はたくさんあるんです。

 

子供の着物を着る時は、ほとんどが子供の成長を祝うためのもの。

生まれてきてくれた赤ちゃんの成長を共に祝える着物を用意してあげましょう。

 

 

 

「初着」は、山本呉服店 池田店、きものやまもと 北方店でご覧いただけます。

 

山本呉服店では、汚れても安心して着物を着ていただくために「パールトーン加工」をおすすめしています。

さらに、男の子の初着には、嫁ぎ先の家紋を入れるので、

選んでいただいてから納品までにパールトーン加工、家紋入れに3週間〜ほどかかります。

そのため、赤ちゃんが生まれる前に選んでいただいて、生まれてから加工をするようにしています。

 

パールトーン加工について詳しくは、

着物のクリーニングって高いよね!しみ抜き・汚れ落とし無料のパールトーン加工とは?』を見てね。

 

この辺りでは、初着はママのご実家が贈るのが一般的です。

もうすぐやってくる新しい家族、かわいい孫のために、

おじいちゃん、おばあちゃん、ステキな初着をプレゼントしてあげましょうね!

 

 

 

 

更新日 | 2017/07/26

カテゴリ | 七五三初着お宮参り

店舗紹介店舗紹介

  • 揖斐本店

    揖斐本店

    岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪581-1
    TEL:0585-22-0140
    営業時間:9:00~18:00
    定休日:水・木曜日

  • 池田店

    池田店

    岐阜県揖斐郡池田町八幡2580
    TEL:0585-45-7140
    営業時間:10:00~18:00
    定休日:水・木曜日

  • 北方店

    北方店

    岐阜県本巣郡北方町 平成3丁目-74-1
    TEL:058-323-8140
    営業時間:10:00~19:00
    定休日:水・木曜日

  • 京都サロン

    京都サロン

    京都市中京区観音堂町4511
    TEL:075-744-6595
    営業日・営業時間は
    お問い合わせください

お問い合わせ
ご相談は
お気軽に

お問い合わせご相談はお気軽に

商品に関するお問い合わせ、
コーディネート相談、
ご購入の相談など、
お気軽にお問合せください。

お電話で

0585-22-0140

営業時間:9:00~18:00(水・木曜 定休日)

お問い合わせフォームお問合せフォーム