平成30年7月20日(金)〜23日(月)の4日間、

山本呉服店池田店で、「京裳苑」の池田店版「池裳苑」を開催します。

 

今回の池裳苑では、お好きな台と鼻緒を選んでオリジナルの竹皮の桐ゲタ(普通の台もあります)が作れます。

竹皮のゲタ・鼻緒

色とりどりの鼻緒が揃います!

 

和装、洋装にかかわらず、履物に困ることはありませんか?

 

どんなにきれいな着物を着てても、

草履が痛くて歩けない・・・なんてことでは、

せっかくの着物美人も台無しですよね。

 

当店では、たくさん着物を楽しんでいただくために、

腰ひも1本のラクな着付け』でお客様のお手伝いをしていますが、履物も同じ。

山本呉服店では常に、

ラクで足が痛くなりにくい草履や下駄を取り扱っています。。

 

そんな『ラクな草履、ゲタ』がいくつもある中、

社員みんなが履いているという、

ものすごく説得力のあるゲタがあるのです。

 

その名も『竹皮の桐ゲタ』

竹皮の桐下駄

どんなゲタかと言いますと・・・

 

①竹皮で編んであるから足袋も滑らず歩きやすい!

竹の皮でぎっしり編んであるので、滑りにくい!

冬は暖かく、夏は涼しく、浴衣の時など素足ではいても気持ちいい!!

年中、心地よく履ける下駄なんです!

竹皮の桐下駄

 

 

②俵型で幅広の台だから小指もはみ出ず痛くない!

細い舟型の台って、足の小指がはみ出たりしませんか?

台の幅が広いので、親指から小指まで、しっかり踏みしめて歩けます!

・・・ということは、長時間歩いても疲れにくいんですね!

 

③鼻緒が太いから指の股、足の甲が痛くない!

草履やゲタで一番痛いところが鼻緒ですね。

草履やゲタは、鼻緒を指の股までぎゅっと入れるものではなく、

足の親指と人差し指で挟んで履くのが本当です。

鼻緒が太くてので、指の股まで入りませんし、

足の甲にも柔らかくフィットして快適です!

 

④桐の台だから超軽い!

安心の日本製の桐の台。

しかも、厚みがあるので、雨の日や、冬、多少の雪でもへっちゃら。

竹皮の桐下駄

 

⑤裏にゴムが貼ってあるから雨の日も滑らず安心!

『いくらゴムが貼ってあったって、雨の日はさすがにヤバイでしょ?』と

思われる方もあるかもしれませんが、

そこは当店の”出張は必ず着物で出かける”社長が、実践済み。

『雨の日の出張、お取引先のツルツルした大理石の玄関でも全然滑らない』と

自信を持って証言しております!!

しかも、ゴムも厚いので(特にかかと部分は二重!)、靴みたいに

『かかとがすり減っちゃって、すぐ履けなくなっちゃった >_< 』

ということなく、とっても長持ちします!

竹皮の桐下駄裏

 

社員がみんな履いている『竹皮の桐ゲタ』。

7月20日(金)〜23日(月)の4日間、山本呉服店池田店で開催する「池裳苑」で、

お好きな台 + お好きな鼻緒 を選んで、「自分だけのオリジナル竹皮のゲタ」が作れます!!

 

紬や小紋でオシャレにお出かけの時、浴衣でお祭りや花火に行く時などなど、

あなたのきものライフにプラスしてみてはいかがですか?

 

池裳苑のご案内

 

「京裳苑、行きたかったけど都合が悪くて行けなかった!」

「もう一度見たい!!」という方は、京裳苑の池田店版「池裳苑」へ、ぜひお越しください!!

大島紬、小紋、名古屋帯など、京裳苑で人気のおしゃれに着たい着物や帯が山本呉服店池田店に揃います!

合わせたい着物や帯がある方はお持ちくださいね。

コーディネートのご相談も大歓迎です♪

 

山本呉服店名物「おもてなしごはん」もご用意いたします。

さらに、京裳苑の会場の休憩コーナーでお出ししていた、ピリッと辛くておいしい「わさびピーナッツ」のお取り寄せを池裳苑期間中承ります。

池裳苑限定のおまけもついてる特別仕様です!

京裳苑の会場で食べられた方も、まだの方も、池裳苑でご注文くださいね♪

 

京裳苑にご参加くださった方も、行けなかった方も、7月20日〜23日は山本呉服店池田店で「池裳苑」を楽しんでくださいね!

お待ちしています♪( ´θ`)ノ!!

 

 

開催期間:平成30年7月20日(金)、21日()、22日()、23日(月)の4日間

会場:山本呉服店 池田店

    岐阜県揖斐郡池田町八幡2580−1  TEL 0585−45−7140