山本呉服店

保存版!「タンスを開けるのは今でしょ!!」着物の管理のしかた&タンスの整理のしかた

秋も深まってきて、きれいな秋晴れの続く季節になってきましたね。

こんないいお天気が続く時には、お着物を干してカビ対策&タンスの整理をすると良いですよ!

でも、着物の干し方って?たたみ方は?タンスの整理って??わからないことだらけですよね!

今回は順を追ってお教えしますよ!

 

【着物の干し方】

①なぜ着物を干さないといけないの?

絹の着物にいちばんの敵は『湿気』『かび』

タンスにしまいっぱなしで外の空気に触れずにいると、湿気からカビが生えて、せっかくの着物に茶色いシミができてしまいます。

着物をこまめに着ていれば、その時に空気に触れますし、タンスも開けるので良いのですが、普段しまいっぱなしでいざという時に出して見たら、カビで着れなくなっていた!なんてよくある話。

新品だから大丈夫、ではないんです!

そうならないためにも、乾燥したお天気の良い日に着物を干して、湿気がこもらないようにしましょう。

 

そして、意外とやりがちな危険行為。それは「防虫剤の入れすぎ」!!

昔はウールの着物が多く、着物が虫に食われるのを防ぐため、タンスに防虫剤を入れていました。

留袖、訪問着、振袖、紋付など、絹の着物には虫は食わない上、防虫剤を入れすぎると化学変化を起こして変色などの原因になってしまします。

大切で高価な着物だからこそ、素材にあった管理方法で長く着られるようにお手入れすることが大事です。

 

②着物を干す時期

着物を干すのに最適な季節は3回あって、2月の「寒干し」、梅雨明けの「土用干し」、そして秋の晴天が続く頃の「虫干し」。

お天気の良い日が続く乾燥する季節が良いんです!

 

2日以上晴れた翌日の10時〜14時までが最適。

朝夕は湿気が高いので避けましょう。お天気がよければ翌日の14時までに片付ければOK!

 

③着物を干す場所

直射日光の当たらない、風通しの良い部屋で干しましょう。

 

④着物の干し方

着物を文庫(たとう紙)から出して、裏返し、「着物用ハンガー」に掛けて干します。

着物用ハンガーは、袖をまっすぐにして干すことができます。(長襦袢も同様に干します)

普通の洋服用ハンガーでは、着物の肩にポコっと跡がついてしまうのでNG!

セーターをハンガーで干さないのと同じです。

袖が曲がることなく干せます

 

【着物のたたみ方】

着物が干したけど、たたみ方がわからない(・_・; という方が多いのでは?

着物と長襦袢はたたみ方が違うのでご注意くださいね。

 

⭐︎上手にたたむコツ
・着物を汚さないように、衣装敷きの上でたたみましょう。
・線がついている通りに折りましょう。
・シミや汚れをチェックしながらたたみましょう。シミや汚れを見つけたら、すぐお店に持ってきてね!

 

イラストを見ながらたたんでみましょう。

分かりやすくするために右身頃はブルーで表示してあります。

 

⑴衿のホック(*印内側)を外し、広げる。
自分から見て着物の衿を左、裾を右に置き、裾をきちんと揃えて図1のようにたたむ。

 

⑵右身頃の衽(おくみ)の縫い目(図2の黒線部分)で、衽を手前に折り返す。

 

⑶左右の衿先(❤️同士)と、裾(♦️同士)を重ね合わせる。⑷衿は図4のように内側へ折り、V字にたたむ。

 

⑸左脇の縫い目(図5の黒線部分)を、右脇の縫い目の上、一番手前へ重ねる。両袖の⭐️同士を重ね合わせる。

ここまでがきれいにできるとこのようになる。↓

自然に背中心の縫い目で折れ、肩山、衿先、裾がまっすぐ揃っている。

 

⑹左袖(上の1枚だけ)を身頃側へ折り返す。

⑺衿先を折らないように着物の丈を二つ折りにする。

⑻右袖は一番下へ折り返す。

肩山、裾、脇の線がまっすぐ揃っているときれいにたためている。

 

 

 

【長襦袢のたたみ方】

 

【タンスの整理の仕方】

①タンスをきれいにしよう

せっかくタンスから着物を出したので、ついでにタンスも中も整理するといいですよ。

タンスの扉は全開にして、引き出しは乾拭きしましょう。

 

②文庫(たとう紙)もきれいにしよう

着物を包んであった文庫も広げて、黄色く変色したり汚れているものは新しい文庫に交換しましょう。

着物を着ようと思った時に、どの文庫にどの着物が入っているのか分からなくなった経験はありませんか?

そんな時のために、文庫の紙に着物の種類や色柄を書いておきましょう。

 

当店のお客様は、お手入れから戻って来た時の白い文庫は簡易的な文庫なので、山本呉服店のロゴの入った和紙文庫に入れ替えてくださいね。

同様にお手入れから戻って来た帯はビニール袋に入っているので、こちらも和紙文庫に入れ替えてください。

 

③小物も整理しよう

着付け道具はひとり分一式まとめて風呂敷に包んでおきましょう。

着付けの着物・道具をお持ちいただく時に便利です♪

(着付け道具:肌着、足袋、衿芯、コーリンベルト、腰紐、コーリン結び、伊達締め、前板、帯枕、三重紐)

 

④タンスに着物を入れよう

着物もたたんで、タンスも風を通し乾拭きしてきれいになったら、着物をしまいます。

しまう時にも、入れ方に順番があるんですよ。

 

最初の『【着物の干し方】①なぜ着物を干さないといけないの?』でもご説明した通り、着物の敵は湿気。

絹の着物の引き出しには、乾燥剤を敷きましょう。

 

乾燥剤は『きものの友』がオススメ。

湿気ってきたら、再生シグナルがピンクに変わってお知らせ!日光当てて半日干せば繰り返し使えて経済的!!

 

きものの友

きものの友 1枚入り ¥1,100

きものの友 再生シグナル

 

引き出しに『きものの友』を敷いたら、『きもの包み』を敷き、その上に着物を入れていきます。

タンスは下の段ほど湿気やすいので、大切な着物から順に上の段にしまいます。

*きもの包みは防虫・防腐・殺菌効果のあるウコン染めの布です。

 

どうですか?きれいに着物とタンスの整理ができましたか?

「着物を出して干したりたたんだり、そんなにこまめにできないよ」という方は、上のイラストのようにタンスの扉を開け、引き出しを交互に出して、タンスの中に新しい空気を通すだけでもいいのでやってみてくださいね!

いざ着ようと思った時にカビだらけで困らないように、普段から気をつけましょうね。

 

更新日 | 2020/11/28

カテゴリ | 着物のクリーニング・管理・保管

店舗紹介店舗紹介

  • 揖斐本店

    揖斐本店

    岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪581-1
    TEL:0585-22-0140
    営業時間:9:00~18:00
    定休日:水・木曜日

  • 池田店

    池田店

    岐阜県揖斐郡池田町八幡2580
    TEL:0585-45-7140
    営業時間:10:00~18:00
    定休日:水・木曜日

  • 北方店

    北方店

    岐阜県本巣郡北方町 平成3丁目-74-1
    TEL:058-323-8140
    営業時間:10:00~19:00
    定休日:水・木曜日

  • 京都サロン

    京都サロン

    京都市中京区観音堂町4511
    TEL:075-744-6595
    営業日・営業時間は
    お問い合わせください

お問い合わせ
ご相談は
お気軽に

お問い合わせご相談はお気軽に

商品に関するお問い合わせ、
コーディネート相談、
ご購入の相談など、
お気軽にお問合せください。

お電話で

0585-22-0140

営業時間:9:00~18:00(水・木曜 定休日)

お問い合わせフォームお問合せフォーム