Monthly Archives: 1月 2016

1月の料亭山本(展示会ご飯) のメニューのテーマは「すずしろ」

七草にも数えられる大根です。

 

お正月のご馳走で疲れたお腹を優しく労わるだけでなく、

ダイエット効果を狙ったメニューで、大好評でした。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着物に割烹着をして社員が作っています。

何か、やさしい感じがしませんか?(^ ^)

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「すずしのはりはり漬け」 歯ごたえがあって特に好評でした!

デザートまで大根です。

意外な大根の使い方が提案できていて

「家でやってみよ」とレシピを持って帰られた方も多かったです。

 

 

 

実際、帰ってすぐに作られた方も多く、「家族に好評だったわ〜!ありがとう」

のお言葉もいただき、「食事当番」(メニューを考える係)は

「ヤッター!」と喜んでいました。

 

 

ところで

着物まつり中の月曜日に岐阜県産業経済振興センターから先生がお二人、

山本呉服店へ来てくださいました。

 

 

岐阜県の産業振興の責任者「三輪知生」氏

商品開発やブランド構築のエキスパートで素晴らしい実績を持った方です。

 

もう一人が「児玉清和」氏

経営全般に関するコンサルタントで 去年ほぼ一年間、私も色々と助言をして頂き

大変お世話になりました。

 

 

三輪さんは色々なメディアにもコンタクトがあって、岐阜放送で経済番組を担当し、

岐阜県内の頑張っている企業を取り上げて紹介していらっしゃいます。

 

光栄なことにその番組に出演することが決まり、打ち合わせに来てくださったのです。

 

打合せも終わり、ちょうどお昼だったのでご飯を食べていただきました。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

「これはお金が取れるレベルですね!」と有難いお言葉!

 

よくよく考えれば 新商品の開発をしていらっしゃる三輪さんに食べて頂くなんて

おこがましかったのですが、お代わりして食べてくださったのです。

 

社員みんなにそれを伝えたらみんなスゴーーク喜んでいました。

 

 

 

テレビ出演はロケの関係もあるので少し先になりますが、

また決まったらお知らせしますね。

 

それと今からお願いなのですが、

当店のイベントに参加してテレビに出ても良いというお客さま、ぜひご協力くださいませ。

 

 

 

「人との御縁」でこのような事ってあるんですね。

大切に大切にご縁をつないでいきたいと考えています。

 

「どんな時も声をかけて頂いたら全力で取り組む!」

その思いを持って今年も進んでいきたいと思います。

 

 

 

山本呉服店を知っていてくださる方、

このブログにたまたま巡り会えたあなた様とのご縁も大切にして

「へ〜、そんなこともあるんだ」「面白いね」「知ってて良かった」・・・

何かしら楽しんで読んでいただけるブログを目指して発信していきます。

 

これからもよろしくお願いします。

 

着物まつりに来てくださったKさま。

「コレいいね、」と言いながら煮え切らない。気が乗らない感じで、「4月が終わったらね」

 

「私が何かしてあげられることも無いんだけど 何となく落ち着かなくてね。」

Kさまのお嬢さまは大学受験の真っ最中!

近くの大学は受けてないから決まれば色々と一人暮らしの準備もしなくちゃいけない。

でもまだ今は動けない。

 

 

大学だけでなく受験生のご家庭では皆さん思いは同じなんでしょう。

 

 

買物に行ったショッピングセンターには「受験生、応援コーナー」がありました。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

元祖、「KitKat」キットカットは 九州の方言「きっと勝つと」から火が付きました。

「きっと サクラサクよ」のメッセージを込めて紅白パック。

 

コーティングしてあるチョコがミルクチョコとホワイトチョコになっていて

「全力投球ファイト!!」や「強い気持ちで自信を持って!」など15種類の応援メッセージが

チョコレートに刻印されています。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ロッテの「トッポ」は期間限定で「トッパ」とパッケージの名前まで変えて発売しています。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「コアラのマーチ」は 「サクラ咲くコアラ」や「合格絵馬コアラ」など14種類が入っています。

「寝ていても木から落ちないコアラ」が応援してるから きっと大丈夫なんだそう。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハッピーターン」は「光り輝く幸せな未来へターン」をイメージした金色のパッケージなんだそうです。

絵馬部分にメッセージを書いてプレゼントできます。

発売元の亀田製菓ではメッセージキャンペーンもやっていて応募するとプレゼントが当たります。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年おなじみの「カール」も応援商品「ウカ〜ル」を発売。

バーチャル神社でおみくじが引けたり、お守りがオリジナルで作れたりなかなか笑えます。

 

ちなみに合格神社なので「合格」しか出てこないおみくじ

何回もやってみる私も暇なんですが・・・

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは新顔か?と思ったら今年からパッケージデザインを一新した「カナエルコーン

こちらも合格を祈願する絵馬を奉納できる神社があります。

中には星型のスナックが入っていて「5角」(ゴーカク)なんだそう。

 

 

 

「こんなダジャレ?」「掛言葉が何になるの?」なんて現実的な私は全く意に介しませんでした。

でも自分の娘が受験の年、何も手をかすことができなかった時

ダジャレでも笑いのネタになって一瞬でも ハ、ハ、ハと空気が明るくなればいいと買いました。

 

親の気持ちってそんなものですね。

 

 

Kさまとお話ししていてそんな頃を懐かしく思い出しました。

寒い日が続きますが体調には気をつけて実力を発揮され志望校に合格されるのをお祈りしています。

 

2月の「糸をかし通信」の構成に山本呉服店は毎日賑やかです。

 

自分たちが面白くないものを作ってもお客さまが楽しいわけがない!

と信念を持って笑い転げながら新聞を作っています。

 

2月の糸をかし通信がお客さまの手元に着くのは2月5日の予定、

ちょっと遅れるかも?

 

節分が終わってから着くのでテーマはもう「お雛さま」

くじ引きで役割を決めて「リアルお雛さま」に挑戦しました。

 

雛祭り画像1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雛祭り画像2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実写版、リアルお雛様完成!!

 

 

雛祭り画像3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは『糸をかし通信』でも紹介させていただきました!

演じるに当たって「へーー、そうなんだ〜!」ということをいっぱい知りましたので、お知らせしたいと思います。

 

 

そして宴のあと。。。

お雛様が大変なことになってました~。

auの昔話と負けないくらい?

撮影したのは竹本さん。

 

 

宴のあと 2竹本

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きは… 三人官女の真ん中、最長老 佐野さん。

 

 

 

宴のあと 1佐野

 

 

 

 

 

 

 

お歯黒してて、眉毛がないのです。

IMG_8864

IMG_8939

とにかく毎日一生懸命 時間と闘いながら笑う暇も作りながら奮闘しています。

来月の『糸をかし通信』もお楽しみに~♪

デジタル音痴な私。

本当は携帯さえ持ちたくない!

 

首輪で繋がれている犬のイメージ(笑)

それでも他の人に迷惑をかけまいと仕方なく持っています。

 

 

当然、パソコンからはどんどん置いてきぼり{(-_-)}

すいすいと使いこなしている人を見ると “あーなったらいいな” と思いますけどね。

 

 

ところがです、

 

友達がMacAirを持って歩き、どこでもサッと広げて使っているのを見たら

カッコいいーーーーーー!

いいなーーーー!

初めてパソコンが欲しいと思いました!!!

 

 

折しも山本呉服店のホームページのブログの中に 私のコーナー、

「山本由紀子のブログ」が新設。

 

 

さー、毎日 更新するぞ〜! と意気込んでいた矢先でした。

 

 

欲しい、やるぞ、と決まったら後は早い!

ネットで注文したらー

 

 

直ぐに届きました (当然です!)

 

 

段ボール箱を持ってそのまま隣のS氏の所へ駆け込み、「設定お願いしまーす」

「喜んで!」とパソコンオタクのS氏は仕事の手を止めて直ぐに取り掛かってもらえました。

 

 

初めてパソコンが欲しいと思ったわ、と言ったら

「マックは持ってるだけでカッコイイもんね! 着物で持ってたら絵になるよ〜 !!」

なるほど!そのミスマッチはカッコイイ (^^)

 

 

で、こんな感じ! Macに似合いそうな着物のスタイリングをしてみました。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どー〜ー? 似合いますか?

 

 

「マックはね、女性が使うと表面がザラザラしてるからね

ファンデーションの汚れが付くと取れなくなるから注意した方がいいよ」

とアドバイスしてもらえました。

 

 

 

先ずは形から入って、

面白い!って思って貰えるようなブログを書けるよう頑張りまーす ^_−☆

 

 

今日は定休日。父、前社長の三回忌の法事を務めました。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

寒い中、近い親戚の人たちが来てくださいました。

 

揖斐の街は「鰻の寝床」と言われる細長〜い家で表から裏まで80メートル以上もあります。

一番裏の建物は移築して120年、建築されたのはいつだったのかは分かりません。

座敷は12畳ですが、京間と言われる1畳がとても大きな畳です。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

庭に面した障子は雪見障子になっていて、硝子も昔のままなので手作りの歪みが有ります。

硝子越しに100年は軽く超える紅梅の木が見え、その景色を見るととても落ち着きます(^ ^)

 

 

昔の木造の座敷は夏には涼しいのですが冬の冷え込みは厳しく、コンセントも少ないので

日常をここで過ごすのは大変です。

 

 

 

今では法事に着物を着るのは呉服屋くらい?呉服屋でも少ないかもしれません。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

正式はグレーの無地の着物。

帯は1周年までくらいは黒の帯をしますが3回忌なので

母は紫、私はグレーにしました。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着物には抜き紋が一つ入っています。

帯はリバーシブルの袋帯で半面が黒地で般若心経が織り込んであります。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、3日前に母はお葬式に着物はそのままで帯は黒地を締めて行きました。

今日はそのまま帯だけ裏向けてまた着ました。

 

 

般若心経は宗派に関係なくキリスト教でも大丈夫です。

織り込んである字が細かくて織りがしなやかなのでとても気に入っていますが

この機屋さんはもう何十年も前に倒産し無くなってしまいました。残念です!

 

 

 

まる2年経った今でも時々 父ならどう考えただろう? どうしただろう?と考えます。

自分は損をしても人が喜んでもらえる道を常に選んだだろう、と思います。

父を偲びながら 優しかった父と同じ道を行きたいと考えます。

 

 

暖冬が一変!本店の在る揖斐はこの地方としては雪が降るので知られています。

今年の冬は雪はほとんど降らないものの冷え込みます。

温度が全く上がらず身が引きしまる思いでした。

 

 

池田店での着物まつりに合わせて毎年恒例で土日、
京都から占い師さんに来てもらいました。

 

長年、京都府易道協同組合名誉理事長でお弟子さんが100人ほどもいらっしゃる「泰心会

小林泰明先生のお弟子さん「泰李佳」さんです。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小林泰明先生には毎年6月に京都で開催する新作発表会に欠かさず来ていただいていて

先生に鑑定してもらいたいからと参加されるファンも何人か有るくらいです。

 

以前、泰明先生と話していた時 印象的だったのは

 

「占い師だったら過去のことを当てるのは9割の人ができる。

でも未来のことを当てられるのは5パーセントの占い師しかできない」

過去が当たっていると占い師を信じてしまうのだけど中々当たる人は無いということです。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泰李佳さんは優秀なお弟子さんで 丁寧に鑑てもらえるのでとても好評です。

 

 

日曜日、李佳さんを帰りに駅まで送って行く時に

「山本さんのお客さまは幸せな方ばかりですね。仕事とか家を建てる相談とかネガティブな相談が無いんです。こんな所は無いですよ、気持ち良くお話しできました。」

 

 

「泰心会」は基本、「四柱推命」なので生まれた年月日、時間で占います。

今年は丙申(ひのえさる)ですが、月や日にち、時間にも干支があってそれを並べて占います。

 

 

 

泰李佳先生によると

生まれた時の運命が4、5割で 後が後天的な環境とかその人の努力なんだそうです。

 

たくさんの人を占っていると こんな悪い日に生まれたのに良く大成功されたと不思議な方があるそうです。そういう人は若い時に素直に人の言うことを聞き、上の人に引き上げられ良い人とのご縁で成功に運ばれているそうです。

 

 

運命の良し悪しに関わらず、素直な性格の人は成功できるんだなあと聞いていました。

 

 

「こんな物に入れてくれはったんですよー」と嬉しそうに見せて下さいました。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

五百円玉がちょうど入るポチ袋です。

 

500円を払えば良いだけなのに  こんな気遣いをしてくださるお客さまってスゴイですね(^ ^)

心使いに感動しました!

 

 

 

占いはどうしようかな?って迷った時の良い指針になると思いました。

 

さて2月13日(土)14日(日)は北方店へ「泰李周」先生が来てくださいます。

李周先生は毎年来ていただいていて待っていらっしゃる方も沢山あります。

 

2月始めから予約を開始しますので北方店へお電話くださいね。

 

 

冬の嵐が吹き荒れているようです。最近は極端な天候による災害も多くなっています。

雪が降る予想で岐阜県が出てくるので「山本さんの所は雪、大丈夫ですか?」とよく聞かれますが今年の冬はようやく昨夜少し降り、農家の方は害虫が死ぬと喜んでいらっしゃいます。

 

季節の変わり目というと節分ですね。

 

今朝、シャッターを開けたら「恵方巻き」のチラシが入っていました。

image

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街の中では競争も激しく、恵方巻き争奪戦も加熱しているようですが

揖斐では初めてで、物珍しくお茶を飲みながら話題になりました。

 

ポスティングされたのは当店のお客様でセブンイレブンを経営されています。

 

余談ですが大変な繁盛店で岐阜県でも東海地方でも上位のランキングに入っているそうです。

繁盛にあぐらをかかず、やることはちゃんとやっていらっしゃるなあ、と頼もしく思いました。

 

 

ところで何日か前の日経MJに恵方巻きの特集が載っていました。

毛ガニや本マグロを入れたり金目鯛や寒ブリ入りの一本3000円から5000円もする贅沢巻きが出ているそうです。

 

見た方、ありますか?

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方 コンビニはブランド牛肉入りの豪華なものが加わりさらに多彩になりました。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大正時代に大阪の船場で商売繁盛を祈願して節分に食べていた風習を全国に広めたのがセブンイレブン。

名前も「巻き寿司」「丸かぶり寿司」と呼んでいたのを「恵方巻き」の名を採用しました。

 

七福神にあやかって7種類の具を入れた太巻き、

縁を切らないよう、包丁で切らず丸かぶりする、

福を逃さないために黙って祈りながら食べる、「無言参り」の神事の意味があるそうです。

 

 

最近、豆まきよりも恵方巻きの方が話題になるのは

 

1、主婦にとってその日はメニューを考えなくていい、

2、一人一本、太巻きだけでお腹がふくれる、

3、買ってくるだけで良くて手抜きが出来、手抜きと感じさせないからとも言われています。

 

確かに毎日のメニューにヘキヘキしている主婦にとって救いのメニューかもしれませんね。

 

 

それに対して豆まきは

子供が小さいうちは成立するけど大人になってからはね・・・

蒔いた後の掃除が大変、

で 家庭でやるのは減ったんだとか。

 

分かる〜〜!

景気良く豆を蒔いた後は自分で責任とらなくちゃいけないから、

子供でも喜んでくれない限りイマイチぱーーっとやる気になれませんよね。

 

時代とともに歳時記も変わって行くのでしょうか?

 

 

山本呉服店がお客様に毎月お送りしている新聞の名前は「糸をかし通信」

 

平安時代、女流作家として紫式部と並んで才女ともてはやされた

清少納言が書いた随筆「枕草子」のテーマとなっているのが「いとをかし」

 

 

素晴らしい、興味深い、面白い、良い、可愛い、美しい、・・・

良い事尽くめの言葉です!

 

着物の元となるスタイリングが出来たのが平安時代。

華やかな宮廷文化が花開いた時期の最上級の褒め言葉をタイトルにいただきました。

 

ところで

着物まつりの期間中ですが、次の「糸をかし通信」の表紙を飾る写真撮りをしています。

絵コンテはこんな(^ ^)

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分かりますか?

この企画を考えるのも社員です。

 

 

くじ引きで役割分担

image

 

 

 

 

 

 

 

 

化粧中!

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社員による「リアルお雛さま」

日本の歳時記を取り入れながら「面白い!」を実現しました。

まだまだこの先、笑えます。

今年の山本呉服店のテーマは「おもしろい!」

お客さまを面白がらせる前に社員がお腹を抱えて大笑い❗️

 

受けること、間違いなし(⌒▽⌒)

 

来月号の糸をかし通信をお楽しみにしてくださいね!

 

22日金曜日から池田店で展示会が始まりました。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人気は綺麗な色の刺繍の帯です。

いろいろ広げて見たり、

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご自分の着物を持って来て合わせてみたり賑やかです。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「みんなで食べて〜!」

展示会に来ていただいたお客様Iさまが差し入れを持ってきてくださいました。

大好物の焼き芋です。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

焼き芋と言うと普通はサツマイモなんだけど里芋も入っています。

「主人が作ったお芋を熟成させておいて

200度のオーブンで40分焼いただけなんだよ〜、」って。

 

 

お芋を掘ってすぐは味が薄いので泥のついたままダンボール箱に入れておいて

年明けに食べた方が甘くなるんだそうです。

この辺りでは芋を収穫すると洗って新聞紙に包みダンボール箱などに入れて保存するんですが、

却って腐ってしまうのでこの方がいいよ、手間もかからないしね、とIさま。

 

 

夕方、ちょっとお客さまが一服したらお腹が空いてきました。

サツマイモはとても甘く、里芋はお塩をつけて食べました。どちらもホッコホコ!

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「2、3日置いて食べた方が甘みが増して美味しいよ」と言われましたが、

こんな時にはちょうど美味しくて有難いです。

 

お客様のお心遣いに感謝です!

 

 

NHKの朝の連ドラ「あさがきた」が視聴率20パーセントを超える人気です。

あまり連ドラを見ない私も楽しみに見ています。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大同生命の創業者であり、東京女子大の創設者「広岡浅子」、大阪の豪商がモデルです。

連ドラ初の時代劇で出演者が全て着物というのも見ものです。

 

 

毎朝、役柄や着る着物によって、着付けが綺麗だなあ!と感心しています。
玉木宏さんの着物も素敵ですね!

 

お金持ちを演出するために玉木さんの着物は上質の物を着せてるんだそうです。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

時代劇としてでなく今あの着姿で歩いてもいいな、と思えるスタイリングのお手本です。

商売はせず、三味線のお稽古にうつつを抜かしている遊び人の役です。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

玉木さんの着物姿を見て「着物を着たい」と思われた男性も多いのではないでしょうか?!

 

 

女性はもちろんですが男性もオシャレに着物を楽しんでいただけると良いですね!

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご主人と一緒に着物を着る、っていうのも素敵ですね(^∇^)