来る7月1日(土)、2日(日)の2日間、山本呉服店池田店で、

「京裳苑」のミニ版、「池裳苑」を開催します。

 

池裳苑では今回、草履すげの職人さんが来場!

自分の好きな鼻緒と台を選んで、自分にピッタリの履きやすい草履を作ることができます!

 

草履って、靴みたいに毎日履いているわけじゃないから、

多少痛くても、窮屈でも、我慢してしまいがち。

 

でも、せっかくオシャレに着物でがんばっているのに、

足元は古い草履のままだったり、

痛いのをガマンしながら1日過ごすのも残念ですよね?

 

足が小さいとか、大きいとか、甲が高いとか、薄いとか、足のお悩みは人それぞれ。

目の前で職人さんがすげてくれるから、自分にピッタリに微調整してくれますよ!

 

頭の先からつま先まで、安心してオシャレに着物を楽しめるように、

自分専用の履きやすい草履を作りましょう!

 

太くてしっかりしていて、しかもカワイイ鼻緒がひと足早く池田店、北方店で選べます!

礼装用も、紬や小紋の着物に似合うオシャレ用も揃っています!

鼻緒 草履すげ

 

鼻緒 草履すげ カジュアル

スワロフスキーがキラッとかわいい♡

 

今回は特別に、

通常1万円以上する鼻緒を4320円(税込)でお求めいただけます!

台は19440円(税込)から、いろいろあります。

組み合わせは自由!

オリジナルの草履を作りましょう!

 

こんなに鼻緒がお値打ちなのは今回だけ!!

まずは池田店、北方店へ鼻緒を選びに来てくださいね!

 

 

 

「池裳苑」開催のご案内

 

今年、京裳苑へ行けなくて残念だったあなた!

行ってみたいけど諦めちゃったあなた!

京裳苑のミニ版、「池裳苑」へぜひお越しください!

京裳苑でしか見られないはずだった「紋屋井関」の超一流の袋帯、お召の着物を手に入れるチャンスです!

 

 

開催期間 : 平成29年7月1日(土)、2日(日)の2日間

開催場所 : 山本呉服店 池田店

営業時間 : 午前10時~午後7時

 

 

 

「池裳苑」だけの特別なおもてなし♡

いつもの「着物体験会」でもおなじみ「社員手作りおもてなしごはん」。

今回は京裳苑のミニ版なので京料理・・・といきたいところですがムリなので(笑)、

今回だけ特別に、

「池裳苑、行くよ!!」とご予約くださった方の分だけ、

金沢「芝寿し」さんの名物「笹ずし」と、

奈良「千壽庵」さんの名物「わらび餅」をご用意します!

山本呉服店岐裳苑案内 わらび餅

今回の京裳苑に芝寿しさんと千壽庵さんもご参加くださったご縁で、

「池裳苑」で両店自慢のお寿司とわらび餅をお召し上がりいただけます!

くれぐれも、ご予約いただいた方だけです!

忘れずにご予約くださいね!

 

ご予約はこちら↓↓↓

山本呉服店 池田店 TEL 0585-45-7140

または、お問い合わせフォームより

 

ご予約お待ちしています!

17日(土)、18日(日)の2日間、久しぶりの「やきいも部」がありました。

前回は5月13日、14日だったので、1ヵ月ぶりですね!

 

前回までに全講習の8回を終え、

都合でお休みされていた方たちをメインに、

着物の着方、帯の結び方を復習しました。

 

さすがに1ヵ月ぶりともなると、アレレ???

どっちが前だっけ?

この次なんだっけ?

帯の結び方、どうだったっけ???

みなさん四苦八苦!

山本呉服店やきいも部 名古屋帯の練習

 

教えてもらって「ああ!そうだった!!」と思い出しながら着物を着、

半幅帯が結べたら、名古屋帯の結び方を再度1から練習。

 

忘れたころに練習するのも、よりしっかり頭に刻まれていいかも!?

 

8月にはやきいも部メンバーのみなさんと、

「やきいも部」に興味を持ってくださっているお客様みんなで、

”古民家カフェ”へお出かけの予定です。

やきいも部のみなさんはもちろん自分で着付け!

 

来週も「やきいも部」あるので、

今週思い出したことをまた忘れないうちに練習しましょうね!

 

 

山本呉服店が毎年6月に開催する、京都”みやこめっせ”での日帰りお買い物ツアー「京裳苑」。

今年、記念すべき40回目の京裳苑を無事終えることができました。

ご参加くださった皆様には、楽しんでいただけたことと思います。

ありがとうございました。

山本呉服店 第40回京裳苑 スタッフ集合写真

 

「京裳苑、今年は行こうと思ってたのに行けなかった!(>_<)」

「仕事で休み取れなくて残念!」

「半日はいいけど、丸1日は出られなくて・・・」

というみなさんに朗報ですよ!

 

7月1日()、2日()の2日間、「池裳苑」開催します!

「京都」で開催するから「京裳苑」、

だったら「池田でやったら”池裳苑”?」というわけで、

7月1日、2日の2日間、山本呉服店池田店で「京裳苑」のミニ版「池裳苑」を開催します!

 

 

池裳苑」、なにするの?

京裳苑で毎回人気の「御寮織 紋屋井関」さんが来店!

紋屋井関の山本さんが、分かりやすくて楽しい説明をしてくれます。

御寮織 紋屋井関

紋屋井関の山本さんと。笑顔いっぱいです♪

 

「御寮織 紋屋井関」について詳しくは

日本最古の伝統と格式を誇る「御寮織 紋屋井関」の袋帯、「京裳苑」なら選び放題!!

をみてね!

 

 

さらに、「草履すげ」の職人さんも来店、自分の足にピッタリの草履をすげてもらえます!

京裳苑 ぞうりすげ1

自分に合う台を見てくれます

京裳苑 草履すげ2

この台に決まり!

 

 

草履の台も鼻緒も、お好きなものを選んで、自分の足にぴったりフィットの草履をすげてもらえます。

見た目も履きやすさもオリジナルの草履を手に入れるなら今!ですよ!!

草履すげ

 

今履いている草履も、

「鼻緒が緩くなってきた」

「かかとのゴムが薄くなってきた」

「鼻緒だけオシャレなのに変えたい」

などのご要望があればお持ちくださいね!

 

 

 

「池裳苑」開催のご案内

 

今年、京裳苑へ行けなくて残念だったあなた!

行ってみたいけど諦めちゃったあなた!

京裳苑のミニ版、「池裳苑」へぜひお越しください!

京裳苑でしか見られないはずだった「紋屋井関」の超一流の袋帯、お召の着物を手に入れるチャンスです!

 

 

開催期間 : 平成29年7月1日(土)、2日(日)の2日間

開催場所 : 山本呉服店 池田店

営業時間 : 午前10時~午後7時

 

 

 

「池裳苑」だけの特別なおもてなし♡

いつもの「着物体験会」でもおなじみ「社員手作りおもてなしごはん」。

今回は京裳苑のミニ版なので京料理・・・といきたいところですがムリなので(笑)、

今回だけ特別に、

「池裳苑、行くよ!!」とご予約くださった方の分だけ、

金沢「芝寿し」さんの名物「笹ずし」と、

奈良「千壽庵」さんの名物「わらび餅」をご用意します!

山本呉服店岐裳苑案内 わらび餅

今回の京裳苑に芝寿しさんと千壽庵さんもご参加くださったご縁で、

「池裳苑」で両店自慢のお寿司とわらび餅をお召し上がりいただけます!

くれぐれも、ご予約いただいた方だけです!

忘れずにご予約くださいね!

 

ご予約はこちら↓↓↓

山本呉服店 池田店 TEL 0585-45-7140

または、お問い合わせフォームより

 

ご予約お待ちしています!

 

 

 

 

 

 

気象庁の発表では、東海地方は6月7日に梅雨入りしたそうですが、

今日もとっても爽やかないいお天気♪

本店の窓から見える景色も、山の緑と青空がとってもキレイ!

さわさわと揺れる木々の音に癒されます♡

 

揖斐本店の景色

 

3月、4月は、学校の卒業式や入学式に着物を着られた方が大勢いらっしゃいました。

その時、お手入れに出していただいた着物や帯が、

パールトーンさんからキレイになって返って来ています。

 

着物がお手入れから返ってきたら、

店から「できましたよ」とご連絡しますので、

今日のようなお天気のいい、カラッと晴れた日にタンスにしまってくださいね!

 

着物には湿気が大敵!!

本格的な梅雨に入る前に、片付けましょう!

 

着物の湿気対策には「きものの友」がオススメ。

きものの友

「きものの友」について詳しくは

絹の着物には『虫』より『カビ』が大敵!!『きものの友』で安心カビ知らず!

をみてね!

 

 

本当は「虫干し」もすると良いんだけど・・・

虫干しに最適な季節、また、「虫干しできない(>_<)」という方は、

「着てないのに着物にシミ!?」秋晴れの日には「着物の虫干し」しよう!!

をみてね!

 

「まっすぐ立って足のつま先をパッと開いてください」

やってみました。   でもせいぜい90度(^^;;

 

 

一瞬で体の柔らかさが分かるんだそうです。

180度以上開いたらクラッシックバレーの才能ありなんだそうです。

 

つま先が軽く180度開く二元治雄君。彼を見事にローザンヌ国際バレーコンクールで1位に育てた塚田まおり先生

「ローザンヌ国際バレーコンクール」で                          (撮影 / 小川峻毅)

 

 

昨日、一昨日と長野市で開催された雑誌「商業界」の女性ゼミに母と行って来ました。

Continue reading

友人から勧められて堀木エリ子さんの本「生きる力」を読みました。

6cover

 

堀木さんとは知らなかったけど和紙の産地、福井県今庄で今まで誰もやらなかった大きな和紙を梳いてインテリアを作っている女性が注目されているのは知っていました。

 

京都に生まれ和紙の魅力に銀行員を辞めて天職として取り組んだ過程が描かれていました。

和紙はとても丈夫で長く生き続けるのに小さなものでは捨てられてしまう、

大きな和紙を梳いてインテリアとして長く生きる生命力を吹き込んだのでした。

 

 

 

そう言えば以前行った山中温泉の高級旅館「花紫」の食事処の間仕切りにもステキな造形和紙が使われていたわ!

オリジナリティーある設計の食事処は暖かい光に照らし出されて

落ち着いた空気感を醸し出していて良いな〜と強い印象を残していました。

 

花紫には色々 あ場所で堀木エリ子さんの作品が 見られます。

花紫には色々 あ場所で堀木エリ子さんの作品が 見られます。

 

ご縁がある時は次々と出会うものですね!

 

他が満席で断られて久しぶりにたまたま行った京都の老舗イタリアン「ディボディバ」

映画「おくりびと」の演出家とも仲が良いシェフの所には芸能人もいっぱい訪れ、

40周年のお祝いに玄関の中も外もお花で溢れていました。

素材の良さが際立っていました。トマトの美味しさが素晴らしい!一流とはこのことか?!

 

ふと見ると壁には堀木さんの和紙!

 

不思議と落ち着くのが和紙の魅力でしょうか?!

 

 

触ってみたいと言う気持ちを抑えきれずそっと触ってみました(^^;;

暖かいなどという生易しいものではなくとても力強い重厚感で

存在感のある生き物がそこに居るような感覚でした。

 

 

堀木さんの事務所が近い事もあって週に何度かいらっしゃるそうです。

 

 

 

そして今年の京衣裳苑3日目に夕食をお願いした西陣の「万重」さんで三度出会いました。

さすがにこの時はご縁を感じました(^^)      勝手に!

 

10畳間位にドンとオブジェのような存在感です。

近くで見ると複雑な立体感!

 

もう一つはデザインが違っていました。

 

堀木さんのお気に入りの席なんだそうです。

 

 

「堀木さんの作品ですよねー」と言ったら

「裏にLEDが入っているんですが一番明るくしておいてくださいと堀木さんに言われました」と。

 

 

「こちらもデザインして作ってくれはったんです」と宴会場の和風シャンデリアを見せてくれはりました。

 

お座敷に高級感と上品さを添えていました。

竹使いのデザインが違っていました。

 

 

本を読んで

幾多の困難を乗り越えていった堀木さんに「諦めない心」を学び、

たくさんの作品に触れてすっかりファンになりました。

 

 

堀木さんの作品を訪ねて回ると言うのも一つのテーマかもしれませんね🎵

作品を発注したお店はそれだけの価値を共有するだけの価値がありました!

 

お陰さまで京裳苑で行った万重さんもお客さまが

「120パーセントも200パーセントも良かったよ!」と口々に言ってくださいました。

また来年の京裳苑に向かって良いお店を探しますね(^^)

 

 

ある日、

「6月末に結婚式があって、留袖を着たいんだけど、暑くなったこの季節にどうしたらいいですか?」

と、女性の方からお電話を頂きました。

 

夏イメージ画像

暑い季節の結婚式、増えましたね・・・

 

電話を下さった方のお母さまが以前当店で留袖を作って下さっていて、

せっかくなので譲り受けたその留袖を着たいとのこと。

 

長襦袢も留袖も、袷の着物だから、今の季節に着てもいいの?と心配になられたようです。

 

着物の季節的なことを言えば、本来は裏地の付かない「単衣」の季節ですね。

でも、だからといって実際に「単衣の留袖」や、夏の「絽の留袖」まで作っていらっしゃる方は、

ほとんどいないと思います。

なので、着物も帯もそのままで、長襦袢や肌着を夏用にして、

内側だけ、少しでも涼しくなるようにご提案しました。

 

お電話の後ご来店いただき、寸法も問題なかったので、

ご自分の結婚式の時にお母さまが着ていらっしゃった思い出の留袖を、

今度はご自分の息子さんの結婚式に着ることができます。

きっとステキな思い出になりますね!

 

 

山本呉服店では、

「暑い季節に”袷”はイヤ!季節に合った着物を涼しく着たい!」という方のために、

「留袖」を「単衣」でお仕立てすることもできます。

 

留袖や訪問着には、「共八掛」といって、着物の表地と同じ生地で、

歩くとぺらっとめくれる上前の内側に少し柄の入ったお揃いの「八掛」が付いています。

黒留袖 上前部分

黒留袖の上前の柄

黒留袖 八掛部分

ぺらっとめくると八掛部分にもお揃いの柄が描かれています

 

 

普通は裏にこの八掛をつけて、「袷」の着物に仕立てるのですが、

これを使わずに「単衣」で仕立てることで、

表地は同じでも裏地がない分、軽くて涼しく着られるのです。

 

使わなかった「共八掛」はとっておけば、

「やっぱり袷に仕立て直したいな」という時に、袷の留袖に仕立てかえすることも出来ます。

 

 

盛夏の季節(7、8月)に着られる、「絽」の生地の留袖もお取り寄せすることができますので、

結婚式など格式に合った、季節に合った着物をお考えの方は、ご相談くださいね!

絽の留袖 全身

軽くて涼しげな絽の留袖

絽の留袖 上前

薄く透けているのがわかります

 

 

絽の留袖について、詳しくは

夏の結婚式は絽黒留袖、絽色留袖で。」を見てね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

買って頂いた着物は「着付け一生無料」の山本呉服店は

京都での展示会「京裳苑」の朝もたくさんの方の着付けをしました。

 

中学生のMちゃんもママの絞りの浴衣を着て京都へ🎵

中学生のMちゃんもママの絞りの浴衣を着て京都へ🎵

 

 

京裳苑は通常のいわゆる展示会ではなくたっぷり着物が楽しめるお出かけイベントです。

 

ステキな着物が見放題、手に取り放題、試着し放題❗️

「遊園地に行ったみたいに楽しかったわ〜🎵」とお客さま。

着物好きにはたまりませんね♡

 

 

京都の料理屋さんでのお食事、舞妓さんとのツーショットも着物が似合います。

 

 

ところで6月の初めは行事ごとの多い時です。

結婚式の着付けも毎年あります。

この日はお宮参りのママとお母さまの着付けをさせて頂きました。

 

image

 

ママは単衣の訪問着、お母さまは単衣の付け下げを着られました。

 

赤ちゃんの着物の準備です。

先ず着物のしつけ糸を取ります。

先ず着物のしつけ糸を取ります。

着物と長襦袢うぃキチンと合わせます。

着物と長襦袢をキチンと合わせます。

着物と長襦袢の紐を一緒に結びます。

着物と長襦袢の紐を一緒に結びます。

 

お母さまが赤ちゃんを抱いてその上から産着を斜めに掛けます。

肩の結ぶ目に犬は張子やでんでん太鼓をぶら下げます。

 

 

京都へ出かける前の早朝で申し訳なかったけど

「山本さんで着付けをしてもらうと楽で着崩れしないから」と言って頂くと嬉しくて頑張っちゃいます(*^^*)

 

 

 

儀式や行事ごとに着物を着て家族の記念日を写真に残していく❗️

「着物だったらもっと楽しいね🎵」と自分たちのよりために着る❗️

どちらもステキですね❣

そんな風にどんどん着物を利用してもらえたら良いな(^-^)と思いました。

 

さあ、あなたはどんなシーンに着物を着て行きましょうか?!

 

 

 

京裳苑3日間、毎日祇園から舞妓さんに来てもらいました。

 

舞妓さんとのツーショット写真はいい記念になりました。

舞妓さんとのツーショット写真はいい記念になりました。

 

おひきずりの着物にだらりの帯はとても綺麗で豪華です。
「着物が単衣になったので軽うなりました」
単衣の着物は袷に比べて3〜4㎏も軽いそうです。

 

舞妓さんの衣裳でポイントとなるのは大きな帯留め「ぽっちり」です。

IMG_3483
3日間とも注目して見ていました。

素敵でしょ!!

 

 

以前に京裳苑に舞妓さんに来てもらったことがありました。
あまりの立派なぽっちりに「素敵ですね~」と舞妓さんに声を掛けました。

 

そしたら舞妓さんが
「出かけるときにおかあさん(お茶屋さんの代表者)がこけてもぽっちりは絶対に壊さんとおくれやす!あんたが骨を折ってもそのうち繋がるけどぽっちりは二度とつながらしまへん。どんなことしても壊さんといておくれやす!」と言われたそうです。

 

何とキツイ言い方!そんな言い方しなくてもいいのに!!

と呆れるやら

舞妓ちゃんがかわいそうに思いました。

 

真っ赤なサンゴや翡翠をふんだんに使った舞妓さんのぽっちりは芸術品です!

真っ赤なサンゴや翡翠をふんだんに使った舞妓さんのぽっちりは芸術品です!

 

でもね、そのぽっちりは明治時代に作られた骨董品としても値打ちのある工芸品!
壊れたらもう直せる人もないんだそうです。

 

「今日は呉服屋さんの展示会に行くのやから一番いいぽっちりをしていきおし。とおかあさんが出してくれはったんどす」
と言われ、お茶屋さんの家宝のぽっちりを舞妓ちゃんに出してくださったおかあさんに感謝したものでした。

 

目の前で踊ってくれはりました🎵

目の前で踊ってくれはったのは圧巻でした🎵

 

 

憧れの舞妓さんのスタイリングに学んで古典の振袖に大きな帯留めに太い帯締めで決める!のもオススメです(^^)

 

大きめの帯留めは作っているメーカーさんも少なくなかなか手に入らないので

「舞妓さんみたいな大きな帯留めありませんか?」とお問い合わせくださいね。

 

 

山本呉服店の1年に1度のお祭り、「第40回 京裳苑」を、

先週無事に終えることができました!

ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました!

 

連日、笑い声の絶えない会場で、みなさまに楽しくお買い物していただけて嬉しいです(*^_^*)

笑顔いっぱいの会場の様子をちょっとだけ公開!

 

山本呉服店 第40回京裳苑 スタッフ集合写真に外人さんも

着物美人が揃った(!?)スタッフの集合写真に通りすがりの外人さんも混じって記念撮影!

 

 

いつも松江から参加して下さるMさまも加賀友禅を試着してにっこり♡

お上品でステキです♡

山本呉服店 第40回京裳苑 加賀友禅試着

 

 

元スタッフの吉村さん、今回はお母さまとお客さんとして参加してくれました!

写真のポーズも慣れたもの♪ よくお似合いですよ♡

山本呉服店 第40回京裳苑 訪問着着装

 

 

Kさまは母娘でかわいくお揃いコーディネート♪

山本呉服店 第40回京裳苑 小紋屋高田勝 母娘で試着

「小紋屋高田勝」の小紋。母娘でお揃い♡

 

 

「紋屋井関」さんの大ファン、Tさま。

帯の説明を聞いてても大盛り上がり♪

御寮織 紋屋井関

紋屋井関の山本さんと。笑顔いっぱいです♪

 

 

着物は女性のものだけではありません!

男性の方も試着。着物姿の男性もカッコいい♪

山本呉服店 第40回京裳苑 男物着物試着

 

 

東京からわざわざお越しくださったSさま。

お子さんも子供用の着物をきてご満悦です♡

山本呉服店 第40回京裳苑 子供も試着

 

 

スタッフも合間を縫って試着♪

「どぉ?似合う???」

木村は「小紋屋高田勝」の小紋を試着。

山本呉服店 第40回京裳苑 スタッフ試着

 

千恵子は「染の西原」の小紋を試着♪

ついつい買っちゃうよね~(^^ゞ

山本呉服店 第40回京裳苑 スタッフ試着

 

 

楽しい会場のあとは・・・

三十三間堂イメージ画像

三十三間堂の観光と昼食。

山本呉服店 第40回京裳苑 昼食

 

 

夕食は3日、4日の2日間は「ウェスティン都ホテル」で中華、

5日は西陣「萬重」で京料理に舌鼓♡

 

3日間とも、祇園の舞妓さんの踊りを見て、

楽しくお話もしてきました♪

 

行けなかった方のために、舞妓さんの踊りをちょっとだけ・・・↓↓↓

 

 

舞妓さんの名刺にあたる「千社札」を、早くお申込みいただいた方に特別にプレゼント!

「お金が”まいこ”む」といって、お財布に入れると縁起がいいんですって!

山本呉服店 第40回京裳苑 夕食 舞妓さんの千社札

舞妓さんから千社札をもらいました

山本呉服店 第40回京裳苑 夕食 舞妓さんと談笑

舞妓さんも気さくにいろんなお話をしてくださいました♪

 

舞妓さんも地方さんも気さくにいろんなお話を聞かせて下さって、

とっても楽しい夕食のひと時を過ごしました。

 

 

大勢のお客さまにご参加いただいた「第40回 京裳苑」。

みなさまと楽しく、無事に終えることができました。

 

今回は遠方からご参加くださった方、

初めてご参加くださった方、

機屋さん、染め屋さんともすっかり仲良しの、いつもご参加くださるお客さままで、

大勢のお客さまにお買い物、観光、お食事とまる1日楽しんでいただけたと思います。

 

また来年の「京裳苑」も、さらにパワーアップして開催しますので、

今から楽しみにしていてくださいね!!