山本流「腰ひも1本のラクな着付け」、着物を着ます。

「着物を羽織るところから、腰ひもを結ぶまで」をやります。

 

イラストの中で、長襦袢は黄色、半衿はピンク、コーリンベルトは赤、

着物の表側は濃い青、着物の内側は水色にしてあります。

 

①着物をはおる

広衿の着物を着ます。

衿の内側、真ん中あたりにスナップホックが付いているので、留めます。

留めたら、手前側が着物の表になるように、掛け衿の所を両手で持って広げます。

着物を広げる

広げたら片手に持ち替えて、後ろへ回し、また両手に持ち替えます。

着物を片手に持つ

 

両手で持ったら、下から肩にかけます。

上から掛けると、せっかくキレイに着た長襦袢の衿の上に着物が乗ってしまうので気を付けましょう。

 

 

着物を羽織る

 

 

②袖を通す

着物を肩に掛けたら、袖を通します。

左右の掛け衿を同じ位置になるように揃えて片手で持ち、

もう片方の手を、長襦袢の袂を持って、着物の袖に通します。

袖を通す

 

袖を通した方の手に掛け衿を持ち替え、反対の手も同じように着物に袖を通します。

 

 

③背中心を合わせる

両方の袖を通したら、掛け衿を持って体の中心になるように合わせ、

背中心がきちんと背中の真ん中に来ていることを確認します。

両袖を通した後

背中心が確認できたら、クリップや洗濯ばさみなどで長襦袢と着物の衿がずれないように留めます。

留め方は、長襦袢の衿より着物の衿が1cmほど上に出るようにします。

着物の着方 背中心を合わせクリップで留める

 

 

④上前の位置を決める

左右の衿先を持って着物を広げ、脇へ勢いよく上げます。

このとき、着物の背中の部分が、背中に添わせるようにしてサッと上げると、

ダブついた部分(おはしょりになる部分)が中へ巻き込まず、

腰ひもを締めるときに直しやすくなります。

着物を脇へあげる

上前の位置を決めます。

目安は、衽線(おくみせん 前身頃の真ん中より少し外側よりにある縫い目)が自分の体の中心、

脇線(わきせん 脇の縫い目)が手を下へおろした時の指先へ来るくらいです。

上前の位置を決める

上前の位置が決まったら、上前を90度の角度まで戻し、

着物の裾が床とすれすれくらいまで下ろします。

着物を下ろして下前を合わせる

 

⑤下前を合わせる

決めた上前はそのまま動かさず、

下前を床にすれすれのまま水平に動かして合わせます。

下前の衿先が脇まで来たところで、着物の上前と腰の間に下前を挟み込みます。

挟む時に、下前を10cmくらい引き上げます。

挟んだら右手を放します。

 

 

⑥上前を合わせる

下前を合わせたら、上前を床すれすれのところを水平に動かして合わせます。

上前が右の腰についたら、すこし上げます。

 

上前と下前を合わせる時のポイントは、どちらも動かしている時は床すれすれの水平を保つこと。

ついつい、動かしている間に上がっていってしまいがちです。

腰まできてから上げるようにしましょう。

そうすることで、裾窄まりのキレイな着姿になります。

ここがきちんとできないと、フレアスカートのような裾が広がった着姿になってしまいます。

 

 

⑦腰ひもを締める

ここからは動画で解説します。

 

 

上前を合わせると、左手が右腰のあたりで着物を抑え、右手は空いているはずです。

空いている右手で腰回りのダブついている着物を上へ送り、

腰ひもを結ぶ場所に着物がたまっていないようにします。

ここで腰回りをキレイにしておかないと、

腰ひもを結んだ時にダブついた部分が挟まってしまいます。

結んだあとに挟まった部分を引き抜いたら、腰ひもがゆるんでしまうので注意しましょう。

着物の着方 腰ひもを締める前に着物をキレイにする

 

腰回りがキレイになったら、右手で腰ひもの真ん中を持って、

お腹から両手で後ろへ回し、後ろで交差する時にキュッと締めます。

交差させて前へ回し、1回結び、2回目は1重目のひもももすくってそれぞれ反対側へひねります。

ひもの先を腰ひもに沿わせて挟み込みます。

こうすると結び目が大きくならず、スッキリします。

 

文章にすると分かりにくいかもしれませんね。

動画でご確認くださいね。

 

腰ひもの締める強さは、締めた後に指が2本入るくらいの強さです。

ポリエステルの着物や、補正パッドと使った時などは滑りやすいので、

いつもよりしっかり締めましょう。

 

「山本流 腰ひも1本のラクな着付け」で使う腰ひもはこれだけです。

次はおはしょりをきれいにします。