山本呉服店

2023年は卯年 うさぎ年ってどんな年?

《卯年ってどんな年?》

うさぎは昔から縁起の良い動物として知られています。

困難な上り坂でも簡単にピョンピョン飛び越える姿は「飛躍」「向上」を象徴し、卯年は物事が目に見えて大きく成長する年だと言われています。

他にも、うさぎは月と関係が深いことから「ツキ」を呼ぶ、長い耳は福を集める、とも言われています。

何かを始めるのに縁起のいい1年。

みなさんも新しいことに挑戦してみませんか?

 

 

《「うさぎ」「卯」「兎」?》

十二支を表すときは「卯」、動物の意味なら「兎」の漢字を当てるのが一般的です。

 

 

《数え方もいろいろ》

昔からうさぎは「1羽、2羽」と数えます。

「羽」で数えるようになった理由はいろいろな説があります。

 

①まだうさぎを家畜として扱っていた時代、仏教で4足の動物を食べることを禁じられていたため、跳ねまわり、2本足で立つうさぎを「鳥」として扱ったことから、「1羽、2羽」と数えるようになった。

②うさぎの長い耳が羽のようだから、鳥に見立てて「羽」で数えた。

などなど。

現在は、生きたうさぎは「匹」、食肉は「羽」、ペットは「頭」「匹」と使い分ける場合が多いようです。

 

《兎のことわざ》

・二兎追うものは一兎も得ず
同時に二つの事を得ようとすると、どちらも成し遂げられなくなってしまうこと。

・脱兎のごとく
うさぎが駆けるようにとても早くて捕まえられないこと。

・兎の耳
人の知らない事件や噂などをよく聞き出してくること。地獄耳。

・兎の糞
物事が切れてしまい、思うように捗らないこと。長続きしないこと。

 

《兎にまつわる神社》

実は、山本呉服店の本店がある揖斐の「三輪神社」は、神話の「因幡の白兎」にちなんで、大黒さん(大国主命)をおまつりしています。

三輪神社の「なでうさぎ」。癒しや良縁のご利益満点!

来年は卯年でとってもかわいいうさぎのおみくじ(300個限定)、絵馬(100個限定)がありますよ♪

ぜひお正月に初詣に行かれてはいかがですか?

三輪神社HPこちら

 

《卯年のパワーを身につけよう》

卯年、縁起の良いうさぎのアイテムを身につければ、運気もアップ!

藤娘きぬたや うさぎの名古屋帯。 優しいタッチの絞りで表現されたうさぎさんが可愛い帯。

おなかにもうさぎが。

 

かわいいうさぎの帯留め。ぶらさがったにんじんもかわいい♡

2023年はうさぎアイテムを身につけて、うさぎのように軽やかに着物を楽しみましょうね♪

更新日 | 2022/12/24

カテゴリ | 藤娘きぬたやスタッフページ名古屋帯帯留

店舗紹介店舗紹介

  • 揖斐本店

    揖斐本店

    岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪581-1
    TEL:0585-22-0140
    営業時間:9:00~18:00
    定休日:水・木曜日

  • 池田店

    池田店

    岐阜県揖斐郡池田町八幡2580
    TEL:0585-45-7140
    営業時間:10:00~18:00
    定休日:水・木曜日

  • 北方店

    北方店

    岐阜県本巣郡北方町 平成3丁目-74-1
    TEL:058-323-8140
    営業時間:10:00~19:00
    定休日:水・木曜日

  • 京都サロン

    京都サロン

    京都市中京区観音堂町4511
    TEL:075-744-6595
    営業日・営業時間は
    お問い合わせください

お問い合わせ
ご相談は
お気軽に

お問い合わせご相談はお気軽に

商品に関するお問い合わせ、
コーディネート相談、
ご購入の相談など、
お気軽にお問合せください。

お電話で

0585-22-0140

営業時間:9:00~18:00(水・木曜 定休日)

お問い合わせフォームお問合せフォーム