もうすぐ七五三シーズン。

店頭には毎日のように「子供の着物の縫い上げをして」と七五三準備のお客様がいらっしゃいます。

子供の成長を祝う七五三、ちゃんとお祝いしてあげたいですよね。

七五三 男の子 のしめ 袴 訪問着

男の子は「のしめ」と呼ばれる一つ身の着物に袴を合わせます。
ママも訪問着で♪

 

七五三の時には赤ちゃんのお宮参りで羽織らせた初着を着せましょう。

 

子供はすぐ大きくなってしまうので、お洋服の晴れ着を買ってあげてもその時限り、1回だけ着て終わりになってしまう場合も少なくありません。

その点、着物は大きくなったら身長に合わせて「縫い上げ」をするので、3歳でも5歳でも着ることができます。

 

 

先日、初着のことを聞きに赤ちゃんが生まれたばかりのパパさんが来店されました。

「初着のレンタルはありますか?」とのこと。

初めてのお子さんで女の子だと言ってとても嬉しそう。

残念ながら、当店では初着のレンタルは扱っていません。

パパさんは着物を買う予定ではなかったようですが、私にも5歳の姪がいるので、初着をどんな時に着ているかお話ししました。

 

 

私の姪は、お宮参りや七五三はもちろんですが、桃の節句の時には、赤ちゃん時代は雛人形の横で椅子に寝かせて、お布団のように上から羽織らせていたり、2〜3歳くらいからは着物を着せて雛人形と一緒に写真を撮っています。

お宮参りの日。池田店でママの着付けを待っています。

 

今年のお正月には「お着物着る〜」「おばちゃんも一緒に着て」というので着物を着せて、私も一緒に着物を着て初詣に行ったりしました。

 

子供着物 初詣

お宮参りの時と同じ着物です。”おばちゃん”と一緒にお着物で初詣。 私は1月だというのに羽織も着ずに大失敗(><) 冬には羽織やショールは必携です!

 

 

もちろん、親戚の結婚式などがあれば着れますし、女の子ならきっと喜んで着てくれますよ、とお話していると、「着ないと思ってたけど、結構着れるんですね、長い目で見て考えます」と、ちょっと考えが変わったご様子。

誰だって、生まれたばかりの可愛い我が子が着物を着て・・・なんて考えたら、絶対かわいいよね!!ってなりますよね!

パパのニコニコ具合も上がります♪

 

長い目で見れば、お洋服よりずっと華やかで、長く大事に着ることができて、きちんと保管してあれば、将来孫もその着物を着ることができる・・・お洋服では絶対ありえないことです。

 

子供の着物は、お宮参りや七五三の他にもこんな時に着ることができますよ!

*お七夜・命名(生後7日目)

*お食い初め(生後100日目)

*節句(ひな祭り桃の節句・こどもの日端午の節句)

*お正月

*お稚児さん

*十三詣り

*親戚の結婚式・・・など

 

 

 

子供の七五三の着物、どうしよう?とお考えのパパ・ママ。

初着があれば「縫い上げ」をして着ることができるんです。

身長にもよりますが、女の子の場合、「三つ身」なら4〜5歳くらいまで、

「四つ身」なら5〜10歳くらいまで着ることができます。

当店では初着を選ばれる時に、将来長く着ることができるよう三つ身か四つ身をお勧めしています。

(男の子は羽織袴なので「一つ身」です)

 

初着は買わなかったけど、七五三は・・・と思ったら、長〜い目で見て、お洋服より着物を着せてあげませんか?

きっと子供さんにもいい思い出になりますよ!

 

子供の着物の縫い上げのご相談は

山本呉服店 揖斐本店(TEL  0585−22−0140)、
山本呉服店 池田店(TEL  0585−45−7140)、
きものやまもと北方店(TEL 058−323−8140)へ、

お子さんと一緒に着物・長襦袢を持ってご来店くださいね。

縫い上げには2週間ほどかかります。お参りの日がお決まりの方は早めにご来店くださいね。