山本呉服店

単衣、夏の着物

5月と言うのに連日  真夏日!    本当にギラギラと暑いですね。

温暖化が進んで熱帯地方に居るようです。

本来は6月が衣替えですが、学校の制服ももう夏服に変わっています。

 

着物も気候に合わせてゴールデンウイークには早めに単衣にします。

30度もあるのに袷は流石にキツイですよね。

 

 

そんな時   活躍するのが   単衣 (ひとえ)

裏を付けずに仕立てた着物です。

 

 

染の西原4

 

 

 

 

 

 

 

千恵子が着ているのが単衣。

5.6月と9.10月上旬まで着られます。

 

裏が付いているかどうかなので、見たところは冬物と変わりません。

でも冬物より圧倒的に軽くて涼しく快適です❗️

 

 

一年中   単衣を着ていたいくらい(*^^*)

 

 

冬物と同じ生地で裏を付けなければ単衣になります。

逆に単衣にしてあっても裏を付けて仕立て直せば冬物ー袷になります。

 

ただ、時期的に清涼感のある色柄、

裏が付かないので  生地がシッカリしている物、地厚のものが適しています。

 

また裏がヒラヒラと見えるので出来れば裏も柄がある紬とか

染物でも裏が白くない方がベターです。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大島紬に  帯屋捨松の単衣帯です。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しょうざん(京都のメーカー)の生紬地に染めた小紋に  帯屋捨松の名古屋帯

爽やかな取り合わせですね!

 

 

 

コーディネートは時期によって変わります。

 

 

5月は  単衣帯  または   冬帯     小物( 半衿、帯揚、帯締)  は冬物

6月は  単衣帯   または  夏帯     小物は夏物

9月の前半は   単衣帯  または  夏帯   小物は夏物

9月後半から10月上旬は   単衣帯  または  冬帯   小物は冬物

 

 

単衣の着物に合わせるものは 夏に近い時期は夏物を用いる割合が多くなります。

 

 

 

染の西原5

 

 

 

 

 

 

 

 

単衣の間の7.8月は「薄物」(うすもの)と言って透ける生地で裏を付けずに仕立てます。

写真の中で  後ろに掛けてある反物が薄物です。

 

透けているのが分かりますか?

夏物の長襦袢を着てその上に着ます。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

透けるか透けないかで着られる時期が多少違います。

 

 

夏の着物というと浴衣が思い浮かびますが、

単衣の着物を着てパーティーで目だつ  (^_^)v

日傘をさしてお出かけなんて素敵ですね  !

 

 

山本呉服店では

店舗、京裳苑ともに   単衣や薄物をたくさん揃えています。

 

商品、京裳苑のお問合せは

山本呉服店、揖斐本店

0585-22-0140まで

お電話ください。

更新日 | 2015/05/30

カテゴリ | 名古屋帯小紋

店舗紹介店舗紹介

  • 揖斐本店

    揖斐本店

    岐阜県揖斐郡揖斐川町三輪581-1
    TEL:0585-22-0140
    営業時間:9:00~18:00
    定休日:水・木曜日

  • 池田店

    池田店

    岐阜県揖斐郡池田町八幡2580
    TEL:0585-45-7140
    営業時間:10:00~18:00
    定休日:水・木曜日

  • 北方店

    北方店

    岐阜県本巣郡北方町 平成3丁目-74-1
    TEL:058-323-8140
    営業時間:10:00~19:00
    定休日:水・木曜日

  • 京都サロン

    京都サロン

    京都市中京区観音堂町4511
    TEL:075-744-6595
    営業日・営業時間は
    お問い合わせください

お問い合わせ
ご相談は
お気軽に

お問い合わせご相談はお気軽に

商品に関するお問い合わせ、
コーディネート相談、
ご購入の相談など、
お気軽にお問合せください。

お電話で

0585-22-0140

営業時間:9:00~18:00(水・木曜 定休日)

お問い合わせフォームお問合せフォーム