子供の着物は、洋服と違って本人の身体の大きさに比べて大きく作られています。

大きいまま着ることはできませんし、大人のように腰紐で調節したりするのは子供には苦しいので、

肩と腰で「縫い上げ」をして、子供の体にジャストサイズで着られるようにします。

肩の縫い上げを「肩上げ」、腰の縫い上げを「腰上げ」と言います。

 

肩上げと腰上げの仕方には決まりがあります。

 

まずは、肩上げ、腰上げが出来上がった着物がこちら。↓↓↓

子供着物縫い上げ完成

 

⑴ 裄(ゆき・首の後ろの中心のぐりぐりした所から手首のくるぶしまで)と、着丈(きたけ・首の後ろの中心から、床まで)を測ります。

着物の裄と着丈との差をつまんで短くするわけですね。

裄がちょうどだからと言って、肩上げをしないのはいけません。肩上げは子供であることの印なので、少しでも肩上げをします。

こちらの写真の着物も、少しだけ肩上げがしてあります。

 

子供着物縫い上げ肩上げ

 

先日、写真館さんで七五三の写真を撮られたお客様が、「男の子の肩上げの場所が、家紋の部分が肩上げのせいでシワになっているので肩上げの位置をずらして」と言われたそうです。

しかし、肩上げの位置は背中心(背中の縫い目)から袖付けまでの真ん中(あげ山)でつまんで縫うものです。

家紋を撮りたいばかりに肩上げの位置を袖側へずらすと、子供の肩幅より広くなって、まるでバブル時代の肩パットが入っているみたい(・・?)

 

男の子の着物の場合、家紋にシワが入るのは致し方ないことです。

 

 

 

 

次に、腰上げです。

子供着物縫い上げ上半身

 

腰上げの時、後ろ身頃はまっすぐに縫いますが、上前のおくみ部分は+7〜8ミリほど上へ縫います。

そうすることで、着物を着た時に裾が少し上がって「裾すぼまり」になり、さらに、少し上がることで子供が裾を踏んで転ぶこともなくなります。

子供の身体は大人よりお腹が出ているので、その分も裾が上がって見えます。

大人の着物姿の裾とはちょっと違いますが、それがまた子供らしくてかわいいですよね♪

 

子供着物縫い上げ上前アップ

 

腰上げした着物をたたむと、自然と上前部分が上がっています。

 

 

初着を買った時に付いている紐の位置が、体が大きくなるにつれて合わなくなります。

そういう時は紐の位置を下へずらしてあげましょう。

 

 

お家でお母さんやおばあちゃんが縫い上げをしてあげるのも、その度に子供の成長が感じられていいですね。

当店でももちろん、縫い上げを承っています。(2週間ほどかかります)

着物、長襦袢を持って、子供さんと一緒にご来店くださいね。

 

七五三はもちろん、お正月や節句にも着物を着せてあげましょう。

日本の文化を行事と着物で子供に教えてあげられるといいですね!