社長・山本由紀子ブログ

台風が次々と来て、その度に極端なお天気に翻弄されています。

今回も被害が出ないことを祈るばかりです!

 

 

先日、ちょうど雨間のお休みに北信州「戸隠神社」へ行ってきました。

長野市からまだ30分の山の中に五社あってパワースポットとして賑わっています。

 

 

image

 

中でも「奥社」は樹齢何百年という見事な杉林の並木を1キロ以上も歩いて最後は急階段が続くという過酷な道のりです^^;;

信じられないくらい空気が澄んでいて気持ちいい(^^)

さすがパワースポットです!!

 

 

とにかく黙々と歩くしかない!

ヒンヤリした空気も歩き続けると汗、汗、・・

そんな道でも小さな子供さんを連れて家族で登られるのを見てびっくり!

 

 

 

お参りをすませるといつもお昼は三大蕎麦として知られる「戸隠そば」

戸隠神社の沿道には蕎麦の名店が立ち並んでいます。

今回は中社のすぐ側にある「うずら家」さんへ。

 

image

 

戸隠神社「中社」の前、うずら家さんの直ぐ横にも素晴らしい杉の木が有ります。

 

image

 

 

真夏なら3時間待ちなのが秋の平日で13時半で30分待ちは「食べろ」ということでしょ!

14時には「もう蕎麦がなくなるから」と名前を書こうとしていた人にご主人がお断り^^;;

ツイてました!!

 

image

 

肌がツルンとして喉越しが良い細い蕎麦、深みのあるツユが絶品!

人気のほどがわかりました。

 

 

 

でもね、うずら家さんの人気はそれだけではないと分かりました。

 

 

待たせたお客様一人一人にご主人が

「長いことお待たせして申し訳ありませんでした」と丁寧に声をかけていらっしゃいます。

隣に座って待っていた男の人が「わざわざ声かけとる」ってのポツンと独り言。

 

 

駐車場がいっぱいで離れた、それも急な坂道を上がった所しか止められなかったのですがその駐車場の看板に「遠くでご不便をかけて申し訳ありません」の文字が付け加えてありました。

 

 

行列ができる人気店はとかく「食べさせてやる」みたいな驕りが感じられるのですがこのお店には全くありません!

人気が有る故に不自由をかけ、それでも来てくださるお客様に感謝し謙虚であるご主人の変わらない姿勢が感じられました。

 

 

美味しいお蕎麦をいただき、本当に良い勉強をさせていただきました。

これも戸隠神社のご利益ですね!

ありがとうございました(^^)

 

NPO法人「大地」では色々な取り組みがなされていて宿泊したあくる日は「お話し会」がされて

20人ほどの女性たちが集まってきました。

 

image

 

後から聞いたのですが主催の青山さんご夫婦始め全国へ招かれて行かれる有名な方たちなんだそうです。

グリムやイラン、日本・・・世界の昔話を暗記して話されました。

 

image

 

とても引き込まれる語り口で思わず「うんうん、」と相槌を打ったり、

「その棒、欲しい!」(物語の中で何でも欲しいものを出せる棒)と声をかけたり(笑)

和やかでとても優しい気持ちになりました。

 

 

後でその方たちと少しお話できたのですが、「聞き手が良かった」「聞き手のレベルが高かった」とお褒めの言葉をいただきました。

「いい聞き手はいい語り手を育てる」んだそうです。

人って相互に響き合いなんですね。

 

 

大人の私たちでも こんな時間や体験っていいな〜、と思えました。

偶然でしたがとても貴重な体験ができました。

 

 

子供さんに本を読み聞かせてあげるのもいいですね(*^^*)

そんな時間を大切にしたいと思いました。

 

 

 

金沢で開催された商業界の女性ゼミで能登出身のパテシエ「辻口博啓」さんも講師としてお話しされました。

辻口博啓さんは自由が丘のケーキ店「モンサンクレール」を始めとして

ショコラのお店やパテシエの学校も経営する日本で最も有名なパテシエです。

 

 

NHK朝の連ドラ「まれ」で主人公のモデルとなったお話や

お菓子作りの撮影で大変だった裏話などもお聞きしました。

 

image

 

講演もパテシエ姿でした。

 

 

興味深かったのはパリのショコラ品評会で3年連続で三年連続で最高評価を獲得した取り組みです。

 

また食べたいと郷愁を誘う成分はお母さんの母乳。

その中に含まれる旨み成分を調べ一番多く含む食品が「真昆布」だった。

 

「真昆布は60度以上の熱をかけるとエグミが出る」

と友達の料理人さんからのアドバイスを取り入れて新作ショコラを制作して見事1位になったんだそうです。

 

image

 

昔ながらのものを使って独自のものを作ることが「時代を作る」ことになると言われました。

 

 

そして今、糖質制限されている方のために砂糖を使わないチョコレートを作られたんだそうです。

糖尿病の方ばかりでなくダイエットをしている人にも朗報ですね!

 

 

実際、「どこで買えるんですか!」と質問された方もあったくらい。

あまりの食いつきの良さに辻口さんも苦笑!

 

image

 

 

ケーキだけでなくとても幅広い分野に研究熱心なことに驚きました。

 

 

先ほどのダイエットの話でもカロリー計算よりも食べ合わせで大きく違うんだそうです。

例えば 「蕎麦」だけ食べるより「天ぷらと蕎麦」の方が痩せるって言われて

会場からも思わず「えーーー!」という大きな声が上がっていました。

 

 

辻口さんってそんなことまで勉強していらっしゃるんですね!

 

 

 

 

NHK、朝の連ドラ「まれ」のストーリーにもなっていましたが、

「自分はこうなりたい!」「自分の会社はこうしたい!」という思いが未来を作る。

 

そのために前もって周到な準備をするんだそうです。

思いの強さと実行力にやはりスゴイ人だなあ、と思いました。

 

 

日頃は成功していらっしゃる姿、結果しか見えないのですが

実際にお話を聞くとその方の人間性とか考え方、プロセスを知りました。

 

 

「好きなことはいくらやってもストレスにならない!」という言葉が印象的でした。

私も「好きな着物」のことなら飽きないな〜、

コレって「天職」かも?!と思わずニンマリしました(*^^*)

 

 

昨日は定休日でしたがセミナーで東京へ行ってきました。

異業種の方ばかりのクローズな勉強会です。

皆さんそれぞれの業界でユニークな経営をされている方ばかりで先生の講義はもちろんですがその方達の考えや質問もとても参考になります。

 

 

そんな場面でよく言われることが有ります。

箪笥に眠っている着物やお祖母さんの着物などを活用する仕組みを作るべき、との提案です。

それも日本の文化を後世に伝える山本呉服店の重要な役目ではないか、と。

 

 

確かにお祖母さんの思い入れのある着物が捨てられたりしているのを悲しい思いで聞いています。

それを欲しい人に循環させるのも大切な役割だと思います。

レンタルやシェアーといった考え方が時代の主流になってきているのも分かっています。

 

image

 

でも今、自分の生涯をかけて一生懸命に着物や帯を作っている人たちがいます。

 

image

 

製造の現場で歳を取っても誰かが着てくれる夢を持って作っていて下さる人、

今まで無かったものを作ろうと取り組む若い人たち、

熱意を持って作っていて下さる方たちにお会いする度に何とかこの人たちの「思いのこもったもの」を喜んで着て下さる人に伝え届ける事が私たち山本呉服店の使命だと思っています。

 

 

一部では染めたり織ったりする人はあってもその道具や部品を作る職人さんがもう居なくて二度と作れないものもあると言われます。

「今の所は廃業されたりした所で貰って回しているので何とかなっていますが」

とあちこちで聞きます。

 

image

 

作っている人たちがこれからも夢を持って作り続けて欲しい!

その人たちの生活が成り立つ状況であってほしい!

いっしょに協力して良いものをお届けしたいと思います。

 

 

何もかもを並行してできるほど器用ではないので優先順位をつけてやるとしたら

タンスの着物は他の方にお願いして山本呉服店は今頑張っていらっしゃる作り手さんのものをお届けする方に専念します。

 

 

6月3日(金)4日(土)5日(日)京都、平安神宮前 みやこメッセで

優れた職人さんたちの思いのこもった新作ばかりが集まる日本で最も見応えのる素晴らしい展示会が開催されます。

メーカーさんの社長さん、政策責任者の方たちがたくさん来て頂けます。

その方たちから直接お話を聞いて着物を選んだらそれは宝物になると思います。

 

image

 

様々な作り手さんのたくさんの中から比べて選べる唯一の展示会「京裳苑」へ行きましょう。

京裳苑は事前に申し込みが必要です。

山本呉服店、揖斐本店 0585−22−0140までお電話ください。

 

今月の展示会ご飯は「端午の節句」子供の日をテーマにしたプレートでした。

 

 

小さい子供さんでも鯉のぼりをにぎって手を汚さず食べれる菜飯ご飯と

酢飯に少し甘辛い揚げや錦糸卵などをトッピングした鯉、

スープにサラダ、作り置きに便利な鶏ハムなどです。

 

image

 

これにデザートとコーヒー付きです。

 

 

image

 

 

展示会中に岐阜テレビの取材をして頂きましたが、

呉服屋で射的をやったり子供さん用のご飯を用意したりすることは意味不明?なようで

「そんなことを何でやるのか?」と何度も聞かれました。

 

 

確かに今子供さんやそのママ達が着物を買われるのは少ないと思います。

でもね、今買うとか買わないとかの問題じゃないんです!

 

image

 

浴衣や振袖などでご縁をいただき、

着物を着られるたびに着付けをしていつも親しくして頂き、一緒に歩いてきたお嬢様が結婚され、出産されて子供さんをまたお店へ連れてきてくださる、

そんなお付き合いが続いていくことが一番大切なんです!嬉しいんです!

 

 

着物は何十年も残るもの、

親から子へ、子から孫へ大切に譲っていくものです。

 

 

だからこそ

そのお世話をする呉服屋もまたその方たちの人生に一緒に寄り添っていきたい!

お宮参り、七五三、入学式・・・記念日や嬉しい日、特別な日、気分を盛り上げたい日、ご相談に乗ったり いっしょに喜んだりしていきたいと思っています。

 

 

代を超えて人と人のお付き合いが続くって素敵じゃないですか!

着物を通して心豊かなお付き合いが続くことを第一にこれからも歩んでいきたいと思っています。

 

今日は小学校の入学式でたくさんの方の着付けをしました。

訪問着が多く、無地の着物もありました。

 

 

image

 

 

ほとんどは当店でお買い上げ頂いた方だったのですが、

お家の着物も3000円で着付けさせていただきました。

 

image

 

 

写真はNGだったので後ろ姿で。

 

 

3000円で着付けを承るようになったのは

一人でも多くの方に着物を着ていただきたい!

着物ってしんどいものじゃないと知っていただきたい!

キツくしなくても着崩れしない!ことを体験して欲しいからです。

 

 

今朝もその一人のお母さまと着付けしながらお話ししていました。

 

この前 着物を着たのはお姉さんの結婚式だったそうです。

 

着付けに1時間もかかってずーっと立っていた。

キツくてしんどくて早く脱ぎたいばかりだった。

その時のことがトラウマになって着物は着たくなくなった。

 

今回は3000円、格安な値段だったので着てみようと思った。

 

まず、

「着付けが早くてビックリ!!30分もかからないんですね。

1時間も立っていたなんて アレは何だったんだろう?」

と驚いていらっしゃいました。

 

時間がかかるのは着付けが下手な証拠!

グチャグチャやってる間にどんどんモタモタになります。

 

 

「全然キツくないから普通に走っちゃいそう(笑)」

服を着てるのとそんなに緊張して買えなくても自然でいいですよ!

 

image

 

 

山本流の着付けは腰紐1本、コーリンベルト1本、コーリン結び1組、伊達締め1本だけでどんな着物もお着せています。

紐は少ない方が楽!の信念で最小限に減らした着付けです!

持ち物も少なくていいでしょ(^^)

 

 

「着物っていいな〜」って着てもらえる方が一人でも増えるといいな!

そんなことを思いで入学式の着付けは明日の定休日も社員全員出勤してやらせていただきます。

 

 

高校3年生の担任を持たれていた先生が袴で卒業式に出られました。

 

 

image

 

いざ、卒業式へお出かけです(^O^☆♪

お嬢さまも嬉しそうですね  🎵

 

 

今年も6年生、中学3年生、高校3年生の担任を持っていらっしゃった先生方が

何人も袴で出席され、山本呉服店でも着付けを承りました。

 

 

また  「袴って有りますか?」電話で問い合わせが何軒かありました。

卒業生のクラス担任の先生からでした。

 

「卒業式に袴を着ると生徒が喜んでくれるので」と。

確かに生徒さんからも親さんからも好評です!

 

 

山本呉服店へいらっしゃってお話ししていても

「うちの子の担任の先生は卒業式に袴を着てくださったので

みんなが順番待ちで先生と一緒に写真を撮ってたわ」

「先生が袴を着てくださるといいわねーー!」

と大好評です。

 

山本呉服店へ来てくだされば「着付け一生無料」なので

きっと先生の口コミでお問合せが増えているのかもしれませんね。

 

 

着物が憧れでこんな場にしっかり根付き、喜んでいただけるのを

とても嬉しく思います(*^^*)

卒業式に着物でお祝いしてくださる先生が増えると良いな〜、と思っているこの頃です。

 

3月のお誕生日会にEさまが来てくださいました。

ちょうど池田店での展示会中でした。

 

Eさまは平素の展示会にも自分で着物を着て時々来てくださるのですが、

今日も自分で髪をアップしてつまみ細工の髪飾りをしていらっしゃいました。

 

image

 

京都の町家で体験で作ってこられたんだそうです。

 

 

「縮緬の生地を選んでつまみ細工お作り、垂れるパーツは好きなのを付け30分くらいで出来たよ」と。

自分たちでコースを組んで動いている修学旅行の高校生たちはストラップを作っていたそうです。

 

 

ところで

「お誕生日祝いに着たい着物は?」と聞くと

「おぼろ染めの豪華な訪問着が着たい!」

 

ご希望通り着ていただきました。

 

image

 

超、豪華!素敵にお似合いです!!!

写真を撮って差し上げます。

image

 

ちょうど展示会ご飯を食べていただき皆でお祝いしました*\(^o^)/*

 

 

貴方のお誕生日は何月ですか?

お好きな着物をお着せして写真を撮ってプレゼントしますよ(*^^*)

「ブログを見ました。お誕生会してください。」

とお店へ電話、またはメールでご都合の良い日時を予約してくださいね。

 

 

雨の予報でも強気の山本呉服店、見事に晴れました!

池田山の山麓では霞ヶ渓が有名なんだけど

ゆったり楽しめるということでその北の大津谷でお花見をしました。

 

image

 

桜はまだちらほら、来週はすごい人なんでしょうね。

 

目印は赤と青の旗。

コレは50年も前に先代がお客さまのバス旅行で引率したり、

駐車場でバスの目印に付けておく為に別注で染め抜きにした由署ある旗なんです(^^)

 

image

 

 

子供さんに好かれる吉村は「こうちゃん」とも仲良し!

 

image

 

よそのお祖父ちゃん(当店のお客さま)に竹とんぼのやり方を教えてもらったり

川で遊んだり、のびのびと走り回ってご機嫌!

 

 

ママがお仕事で子守のおばあちゃんも「来て良かったわー」

毎日、子供さんの世話をしている方は気持ちが分かりますよね〜(*^^*)

 

image

 

 

今回は気軽にお花見しましょう、

という会だったので殆どの方が着物ではなく洋服で参加。

たまにはこんなイベントもいいですね!

 

 

春の穏やかな陽射しにのんびりゆったりお花見の一日でした(*^^*)

 

 

 

昨日、若い女性の声でお電話が有りました。

「着物を畳んで欲しいんですけど、いくらかかりますか?」

幼稚園の卒業式に着物を着たんだけど仕舞えなくなってしまったようです。

 

「どうぞ持って来てください」(^^)

 

直ぐに来店されて

畳み方をお教えながら畳んで行かれました。

 

 

とても喜んで帰られました。

近くの方らしいのですが気軽に相談してくださって嬉しかったです。

小さなことでもお役に立ててポッと心が温かくなりました(*^_^*)