社長、山本由紀子ブログ

2月1日、2日は京都へ仕入れ、打ち合わせに行ってきました。

問屋さんはどこも夏物や浴衣の発表会でした。

 

メーカーさんによってテイストが違います。

メーカーさんによってテイストが違います。

 

今年は赤やオレンジが復活!

今年は赤やオレンジが復活!

 

 

問屋さんは夏物でも

私k寒かったので私は紬を着て行きました。

やはり小紋(染物)より紬の方が暖かいですね(^^)

 

image

お庭が素敵でしょ!

京都では伝説の「小川治平」さんの作られた料理旅館のお庭です。

お庭の中に離れやお茶室が点在しています。

 

 

6月2日(土)3日(日)4日(月)京都で行う新作発表会「京裳苑」で会席料理を食べていただく料理やさんの下見に行ってきました。

今年は第40回の記念すべき会なので気合が入ります!

結果は場所に建物は良かったのですがお食事がイマイチで残念。

 

お料理は良かったのですが土曜日が埋まっていてがっかり!

お料理は良かったのですが土曜日が埋まっていてがっかり!

 

結局、2日間で3軒行きましたが NG ・・・ほとほと疲れました。

 

 

友だちに外食の有名店を経営している人達が何人も有りますが、朝から3食ステーキばかり食べ歩くとか聞きます。

仕事とはいえ彼らの努力と大変さを実感しました(u_u)

 

 

 

でも1年に1度の京裳苑を楽しみにしていてくださるお客さまのことを思うと妥協はできません!

まだまだ探します。

 

 

 

6月3日(土) 4日(日) 5日(月)  のどれか1日、ご予定をあけておいてくださいね。

京裳苑40周年の記念すべきお祭りに「行って良かった!」と言っていただける様な1日を全力で準備します!

ご期待くださいね(^^)

昨夜ニュースで国会が始まったと報じられ、民進党の蓮舫さんが着物姿で会見していました。
一瞬で「藤娘きぬたや」とわかる総絞りの訪問着。
やっぱり凛として知的で上品です!

 

慌てて携帯でテレビの画像の写真を撮りました。

 

絞り、色、柄を見て一瞬で藤娘きぬたやさんの訪問着だと分かりました!

絞り、色、柄を見て一瞬で藤娘きぬたやさんの訪問着だと分かりました!

 

一瞬の立ち姿が撮影出来ました(^.^)

一瞬の立ち姿が撮影出来ました(^.^)

昨夜のニュース番組では何回もテレビに写っていました。好感度抜群でした!
今朝の新聞各社でもカラー写真とともに大きく取り上げられていました。

 

いざ、議員席。肩から右袖の柄が素敵です!

いざ、議員席。肩から右袖の柄が素敵です! <産経ニュース>

 

蓮舫氏「こんなにほめられるとは」国会で着物姿披露 
初めての着物姿で通常国会初日を迎えた民進党の蓮舫代表
民進党の蓮舫代表(49)が、第193通常国会が招集された20日、着物で国会に現れた。蓮舫氏が国会で着物姿を披露したのは、初めて。

蓮舫氏が選んだのは、白地に薄いグレーの花の模様をあしらった着物。この日、最初の党日程となった党の両院議員総会に出席した際、いつもと様子が違う蓮舫氏に、司会者が「代表、あでやかに装っていただきまして…」と水を向けた。

蓮舫氏は、「ちょっと装いを変えただけで、こんなにほめられるとは思いませんでした」と、照れ笑い。その上で、「装いとは別にして、今国会は戦う国会にしたい(中略)

蓮舫氏はふだん、白いスーツが「勝負服」。それだけに、この日の着物も白地のものを意識したという。

<日刊スポーツ>

 

後ろのシワがほんのちょっと残念! 産経新聞より

後ろのシワがほんのちょっと残念ですね     <産経ニュース>

民進・蓮舫代表が和服で登院 「意気込み着物に込めた」      <産経ニュース>

 

 

さあ、議会へ <>

さあ、議会へ          <産経フォト>

蓮舫氏、勝負の白の和服姿 「戦う国会に」            <朝日新聞>

 

 

いやーー、嬉しいですね(^^)

というのも当店にある訪問着とそっくり!!

 

会見で何度も登場した左肩、前の柄です。紫色の花は全く同じです!

会見で何度も登場した左肩から左袖、前の柄です。紫色の花は全く同じです!

 

前は斜めにスッキリ、豪華です。

前は斜めにスッキリ、豪華です。

 

全体はこんな感じです。

全体はこんな感じです。

もちろん1点ものですから一緒ではありませんが紫の花は全く同じです。白地にグレーの配色も同じです!

 

 

きぬたやさんの展示会で気に入って仕入れた逸品ですので100万を切るお値段で販売させていただいています。

有り得ない価格です!
今これからきぬたやさんに発注しても人件費や絹価格の高騰で絶対に不可能なお値段です。

 

 

 

 

山本呉服店では24日火曜日まできものやまもと北方店で「きもの体験会」をしています。

蓮舫さんそっくりの「藤娘きぬたやの総絞り訪問着」が「いいな~」「コレ欲しい!」と思われた方は

お急ぎ山本呉服店・北方店までお問い合わせください。

058−323−8140です。

昨日は夕方までに裏山が真っ白になり

今朝はとうとう屋根にも道にも雪が積もりました!

 

揖斐本店の中庭も雪で真っ白です。ちょっと風情があるかな(^^)

揖斐本店の中庭も雪で真っ白です。ちょっと風情があるかな(^^)

 

 

天気予報を聞いていてもまだ「今日明日、平野部でも雪」の情報が出ていますので

明日予定していた「伏見稲荷大社」初詣は中止します。

 

奥院まで続く千本鳥居。絶好の写真スポットです!

奥院まで続く千本鳥居。絶好の写真スポットです!

[余りに残念なので行けなかったのでコースをご報告!]

伏見稲荷大社」は日本の観光地の中で外国人の人気No. 1!

あの赤い鳥居の並ぶ様は圧巻です。「赤」は運気を一番上げる色だそうです。

千本鳥居の先には奥院があるので「おもかる石」を体験しましょう。

願い事をして石を持ち、軽く感じたら願いが叶うそうです。

 

image

 

「お稲荷さん参拝」その前に 参道の手前を左へ曲がって直ぐ「ふしみ ふたば」があります。

 

image

彼の大人気店「出町ふたば」で修行した方がのれん分けして「豆餅」を作っています。

 

image

 

「出町ふたば」より少し塩味が少なく一説によると美味しさ8割と言う話もありますが?

平日でさえ午前中には売り切れてしまうので先にGETしましょう。

 

 

「伏見」と言えば「酒蔵」  昔から良質の水を生かして酒作りが盛んで大手のメーカーさんが立ち並びます。

その中で「月桂冠」が昔そのままの酒蔵を使ったレストラン「月の蔵人」で「湯葉懐石」、

出来立ての「湯葉」や大豆の甘さそのままのふんわり「おぼろ豆腐」が味わえます。

 

ドタキャンになってしまったにも拘らず気持ちよく「またお願いします」と言って貰えて感謝です!

趣きがある建物です!

 

 

酒蔵を利用し今風にリノベーションした空間は心地良いです。

酒蔵を利用し今風にリノベーションした空間は心地良いです。

 

酒蔵が立ち並び、お酒を運んだ運河沿いの道はお散歩にぴったり。

 

image

 

小倉山荘、伏見店

小倉山荘、伏見店

少し歩くと百貨店でも行列が出来るおかきやさん「小倉山荘」があります。

いろんな種類が山盛りに並んでいるとテンションも上がります!ショッピングも楽しいですね(^^)

 

 

散策を楽しんでいただくためにこんなマップも準備していました。

 

伏見稲荷周辺の散策マップ。色んなお店があってキョロキョロしそう(@_@)

伏見稲荷周辺の散策マップ。色んなお店があってキョロキョロしそう(@_@)

 

月桂冠レストラン「月の蔵人」から「小倉山荘」の散策用マップです。

月桂冠レストラン「月の蔵人」から「小倉山荘」の散策用マップです。

 

 

折角、皆さんに楽しんでいたどこうと下見を重ね準備をして来たのにとてもとても残念です!

宜しかったらご家族、お友達とこのコースを行ってみてください。

 

 

 

次回3月26日(日)「秀吉も愛でた醍醐寺のお花見」多分桜も咲く予定(^^)

4月9日(日)祇園「都をどり」を楽しみにしてくださいね!

他のどんなツアーで行くよりも内容が濃く楽しいツアーですよ(^^)

ご予約は始まっていますので電話、メールでお申込み下さいね。

 

娘が初釜で京都「弘道館」へ行きました。

お茶を習い始めて1年にもならない娘にとって「初釜」は初めての体験でとても楽しみにしていました。

 

弘道館での初釜です。

弘道館での初釜です。太田さんのフェイスブック写真より

 

 

 

花びら餅」は初釜に付き物ですが、弘道館での花びら餅は一般には売っていないとてもプレミアムなものなんだそうです。

先輩の先生にも「あの花びら餅だけは食べておいた方がいいよ」とお稽古の時から言われていたそうです。

私は今まで花びら餅を特別美味しいなんて思って食べたことがなかったので興味津々でした。

 

 

柔らかい求肥に餡と甘くした牛蒡が挟んだお菓子です。

柔らかい求肥に餡と甘くした牛蒡が挟んだお菓子です。

 

 

上七軒の老舗菓子舗「老松」さんの特注品です。

中の餡がゆるいので上手に食べれるようになったら上級者だと見られるんだそうです。

 

 

 

ところで初釜ではお昼ご飯が出るのですが全部は食べれなかったからと持って帰ってきました。

「箱と栞の真田紐の組み合わせが一人一人違ってたんだよ」

立派な箱に入り真田紐できっちりと結ばれています。

 

流石にお茶人さん仕様のハイレベルな箱!素敵な色の真田紐が結ばれています。

流石にお茶人さん仕様のハイレベルな箱!素敵な色の真田紐が結ばれています。

 

 

「食べても食べてもぎっしり詰まっていて色んなお料理が入ってたんだよ」と嬉しそうに話していました。

かなり食べたようですがそれでもまだいっぱい入っていました。

 

 

食べかけの写真ですいません!でも腕の良さが光る良いお料理です。

食べかけの写真ですいません!でも腕の良さが光る良いお料理です。

 

 

このお弁当は京都卸売市場近くの「井政」さんのです。

「井政」さんは弘道館の太田さんと伝説になっている裏千家の「井口海仙」さんの同門だったそうです。

太田さんのお家のおせち料理は「井政」さんに決まっているそうです。

 

 

 

「茶福箱」は茶道のお道具を仕舞う箱を見立てて考案した井政オリジナルのお弁当です。

さすがにお茶人さんらしいきっちり感!

真田紐をほどき蓋を開けてると、季節の旬がぎっしりです♡

 

 

 

「きものであそぼ」と毎月イベントを主催している山本呉服店ではいつも色々なところにアンテナを張って情報収集してないといけません!

あまりに素晴らしいレベルのお料理だったのでお客様をお連れできないかと近いうちに下見に行ってこようと思っています。

 

行ってきたらまたご報告しますね🎵

ジャンプ世界選手権で連日大活躍の「高梨沙羅」さんも今年成人式を迎えられました。

 

(高梨沙羅さんは)今日9日の成人式は遠征中のため、出席できないが、20歳への思いは強い。3年前に老舗呉服店「きぬたや」(本社・名古屋)に着物を発注。職人5人が手間をかけた豪華な古典柄の総絞りで、日本に1つしかない特注品だ。昨春、京都の桜の下で、仕上がった晴れ着を身にまとい記念撮影を行い、今後への決意を新たにした。「技術、精神ともに大人になりたい。行動範囲も広がるし言動には気をつけたい」と話していた。                                                                   <日刊スポーツより>

 

一つ訂正です。

「きぬたや」は老舗呉服店ではなく「藤娘きぬたや」という絞り専門のメーカーで取引先はほとんどが問屋さんです。一般の方には小売はしていません。着物専門店でも直接取引出来るのは極僅かのお店だけです。

山本呉服店は40年以上も前、先代の社長さんの時代から直接取引しています。

 

遠征中でパネルでしか報道されないのが残念です。9日の報道ステーションより

高梨沙羅さんは遠征中でパネルでしか報道されないのが残念です。9日の報道ステーションより

 

 

このパネルは1年前に撮影されたそうですが場所は京都、祇園の白川ですね。

2016年のこの辺りの桜は毎年より幾分遅かったので4月3〜5日頃でしょうか?

 

 

愛さんの振袖も沙羅さんの振袖も「藤娘きぬたや」の最高級の技術を結集した総絞りの振袖です。

 

 

絞りの手法にはランクがあって「疋田絞り」「4つ巻き絞り」「横目絞り」・・・

愛さんや沙羅さんの振袖のほとんどは「疋田絞り」

絞りの一粒一粒をつまんで(正確に言うと8つに畳んで)絹糸で20回巻く気の遠くなるような作業です。

絞る職人さんも熟練した方しか絞れません。もちろん絞るだけでも1年では到底できません。

 

 

それに対して「4つ巻き」は名前の通り綿糸で4回巻きます。

綿糸は絹糸に比べてとても太く手間もかかりません。疋田絞りに比べたら圧倒的に早く絞れます。

 

 

一言で「総絞り」と言ってもそういった手間賃(人件費)で値段は全く全く違います。

そんな説明を聞かなくても素晴らしい技術を持った熟練した職人さんが心を込めて作った物には人を惹きつける力がありますものね。

 

 

「藤娘きぬたや」さんの作品は全て図案からオリジナルで一点物なので

ネットなどでも出ている写真を見ていつ作ったものか社員さんは実によく記憶していらっしゃって

その話を聞いていると年代物なことにびっくりします。

もちろん絞りは流行もありませんし色柄が気に入ればそれでいいと思います。

 

 

ただし、「藤娘きぬたや」さんの出来立ての新作がどこよりもお値打ちに入るのは長年の太いパイプと実績で山本呉服店が一番にご提供できると自負しています。

店にも作品はありますし、「◯色系統の振袖を探しています」とかおっしゃっていただければ直接きぬたやさんへ問い合わせることもさせていただきます。

 

山本呉服店 揖斐本店 0585−22−0140まで お気軽にお電話ください。

成人式は一生に一度の「ハレの日」

たくさんの方が振袖を着て集まるだけあって皆さん思いっきり着飾ります。

そんな時だからこそ振袖の帯結びも華やかにしたいものです。

 

振袖の帯を豪華に結びました。

 

 

羽をいっぱい出して豪華に帯結びしました。これでも十分なのですが、

 

お姉さんの帯〆と髪飾りをプラスして飾りました。

 

お姉さんの帯〆と髪飾りをプラスしました。

 

 

どうですか?とっても豪華になったでしょ(^^)こんなに違うんです。

お嬢さまも「わーー、すごい!」ってテンションが上がりました。

あるものを上手く利用して華やかさをプラス!

 

 

 

山本呉服店ではお母さまやご姉妹のお持ちになっているものも無駄にしません。

使える工夫、ご提案をさせていただきます。

振袖を選ぶ時も着付けの時もご来店になる時はお家にあるものはお持ちくださいね。

 

「昨日は友達からメールがいっぱい来てね。Aちゃん、写真載ってたね」

「振袖かわいいね!よく似合ってたわー」

と チラシを拡大して写メまで送ってもらえたわ。うちにもチラシはあるんだけど(^^) とAさまのお母さま。

 

昨日 新聞に折込んだ山本呉服店のチラシです。早速、あちこちで反応があったそうです(^^)

昨日 新聞に折込んだ山本呉服店のチラシです。早速、あちこちで反応があったそうです(^^)

 

笑顔が素敵なAさま。

笑顔が素敵なAさま。

 

 

撮影会の時もカメラマンさん達とノリノリで賑やかで賑やかで・・・

余りのノリ方にお母さまがカメラマンさん達にすいません、すいませんと謝って歩いたんだそう(^^)

「どうりで自然な笑顔で撮れてるね」

 

 

小さい時からとても明るくて誰とでも友達になれたAちゃん。

中学の先生にまで「AちゃんはIQよりも愛嬌で生きていきなさい」と言われたんだそう。

名言ですね!

人とすぐに仲良くなれるAちゃんはきっと幸せになれるんだろうなと思いました。

 

 

「成人式」の日って20年間のことがふっと思い出される日なんですね。

お母さまも笑いながらお話されていました。

幸せなAさま、ご家族とご縁をいただけて私たちも幸せです。

 

 

image

 

 

成人式にはお嬢さま、ご家族それぞれの思い出があります。

大切な日を一緒に迎えられる、そしてこれからずーーっとお付き合いが始まる!

「振袖を買って頂いた」だけでは無い素敵な出会いをこれからも大切にして行きたいと思います。

 

 

池田店、きものやまもと北方店では新作振袖がたくさん揃っています。

お嬢さまと一緒にご来店なさって試着してみてください。

あなたさまと素敵な出会いがきっとあると思います。お待ちしています。

 

 

明日は成人式です。

今朝、新聞の折り込みチラシを入れました。

 

明日、成人式を迎えられるお嬢さまたちです。本当にキレイ!

明日、成人式を迎えられるお嬢さまたちです。本当にキレイ!

 
みなさん、お似合いでしょ(^^)
お気に入りの振袖を着てお嬢様たちが笑顔で成人式に行かれるのが楽しみです🎵

 

お花を生けて各種用紙もセット完了(^^)

お花を生けて各種用紙もセット完了(^^)

 

 

カメラのセットをしていたら暗くなってしまいました。

カメラのセットをしていたら暗くなってしまいました。

 

 

山本呉服店の周辺では成人式は地区によって日曜日の午前、午後、月曜日の午前に分かれてあります。
まずは明日の朝は北方店から始まるので社員は全員北方出勤です。
成人式は一生で一回。
そしてご家族に取っても20年の思いがこもった大切な日です。
私たちのできることでお役に立ちたい!

楽にキレイに早く着付けしたいと思っています。

 

 

振袖を着て行った成人式が思い出に残る1日になるといいな🎵
そしてまた次のお嬢さまやご家族さまとの新たな出会いがあるといいなぁと思います。
今が一番振袖が揃っている時です。

 

振袖は成人式だけのものではありません。何回も着て頂きたいと思います。

振袖は成人式だけのものではありません。何回も着て頂きたいと思います。

 

 

池田店、きものやまもと北方店へ皆さまお揃いで見に来てくださいね。
お待ちしています。

明日8日は早朝から出勤していますので17時で閉店させていただきます。

よろしくお願いします。

 

「お稲荷さん」は言わずと知れた商売の神様です。

何年も毎年お参りしているのに「お千代保さん」が3大稲荷に数えられているとは知りませんでした。
参考のために後の2つは京都の「伏見稲荷」と愛知県の「豊川稲荷」
日本の真ん中あたりに固まっている感があります。
今日は「小寒」 日差しはあったものの伊吹おろしが吹き荒れて寒いさむい!

 

image

 

手を洗って清めた後、油揚げとろうそくを買います。セットで50円也。

 

ろうそくに火を付けて奉納するのですが強風で消えてしまっていて火がつけられません(~_~;)

ろうそくに火を付けて奉納するのですが強風で消えてしまっていて火がつけられません(~_~;)

 

「大吉出ますように!」勝手におみくじ。御賽銭を入れて出てきた棒で占います。

「大吉出ますように!」勝手におみくじ。御賽銭を入れて出てきた棒で占います。

 

1〜10番まであります。4番はナント、大凶!良いこと一つも書いてない。

1〜10番まであります。4番はナント、大凶!良いこと一つも書いてない。

 

image

 

お参りの後は一方通行になっていてこちらに狐の姿、狛狐?があります。

 

image

 

商売繁盛の神様だけあって沿道には色々なお店で賑わっています。
名物の串カツ。その場で受け取ってしゃぶりつく人たちが絶えません。
テレビなどでよく取材される「たまや」さんはすごい行列で、待たなければ近づけません。

 

image

 

image
草餅、うなぎ(元々はナマズや鯉が名物)漬物や、八百屋、洋服や・・・なんでもあります。
毎年行っているとお店が変わったり業種や売るものが変わったりしています。
そうやって時代のお客様の好みに合わせて敏感に合わせているんですね。
その努力が参道の商店街としての人気、賑わいを作り出しているのだと思いました。

 

北海道産の小豆GET!

北海道産の小豆GET!

駐車場に近い八百屋さんでお約束の小豆を買いました。
帰ってから「おぜんざい」を作りました。
縁起物のお鏡さんのお餅を明日は各店で召し上がってくださいね。
合言葉は「鏡開きした?」ですよ(^^)

 

良いお味〜(^^)自前で先に頂いています。

良いお味〜(^^)自前で先に頂いています。

初の定休日に社員皆で初詣に行きました。

まずはいつもお世話になっている揖斐本店の裏の「三輪神社」へ。
地元の会社が初出勤で次々とお祓いされるので大変賑わっていました。
呉服屋に勤めている限り日本の伝統行事や習慣は身につけるべきと
お祓いの前に神官さんにお願いして玉串の捧げ方を教えていただきました。

 

中学生の息子さんも神官さん、親子3代でお祓い。

中学生の息子さんも神官さん、親子3代でお祓い。

 

 

一番注意されたのは神様に対する「礼の仕方」
日常の場面では45度までの礼しかすることはほとんどないのですが
神様に対する礼は最敬礼90度です。

 

 

90度頭を下げる最敬礼は日常で使う事は殆ど有りません。

90度頭を下げる最敬礼は日常で使う事は殆ど有りません。

 

お尻を後ろに突き出す様に、頭が下がらないように真っ直ぐにして腰から曲げます。

 

 

シャッターをきる瞬間が遅く45度の写真になってしまいました^_^;

シャッターをきる瞬間が遅く45度の写真になってしまいました^_^;

 

しっかりとレクチャーを受けた後お祓いしてもらい一人一人玉串を捧げました。

お正月にこうした凜とした新たな気持ちになるのはいいですね!
「日本人」って気がしました。

 

image
5月に行われる「いび祭り」で担がれるお神輿の前でパシャ!

 
300年ぶりの大規模な修復が行われています。
ところで修復は仏具屋さんで行われるんです!

神官さんが時々言われますが「歴史上、神仏は合体していたのに明治政府が無理に分けただけだから」全然変なことはないんですね。

 

 
今も真ん中に据えられている「本社」がお出かけ中です。
今年のお祭りには全てが綺麗に揃って担がれると期待しています。