最近では、夏の暑い時期の結婚式も多くなってきましたね。

親戚や友達の結婚式に出席するのにせっかくだから着物を着たい、でも、夏の暑い時期に冬と同じ袷の着物では暑くてムリ!!(>_<)

そんな時にも涼しく着られて、見た目にも爽やかな『紗合わせ』の着物をご紹介します。

 

 

紗合わせは、初夏〜初秋の単衣の季節に着る着物です。

 

写真のように、絵の描かれた生地と、下の写真のように「くし織」などで生地に陰影をつけた生地、2枚の生地を重ねて仕立てます。

紗合わせ訪問着 柄部分

夏の生地に涼しげな柄が描かれています。

紗合わせ訪問着 紗部分

紗の生地。絵の描かれた生地と重なるようにくし織などでぼかしが入っています。

 

 

下になる1枚目には、涼しげな絵が描かれた生地、外になる2枚目は紗の『くし織り』の生地。

『美しいキモノ』などでもよく紹介されていますが、紗のくし織りで、色のぼかしが入っているものは珍しいです。

2枚を重ねるとこんな感じ。

紗合わせ訪問着 仕立て前

紗合わせの着物の生地。絵の描かれた生地と紗の生地を重ねて仕立てます。

 

絵の描かれた柄と、くし織りのぼかしがきれいに重なるようになっています。

ズレると大変!! 仕立て屋さん泣かせです。

 

仕立て上がったものがこちら。↓↓↓

 

紗合わせ 訪問着

 

 

涼しげな絵、くし織で表されたたなびく雲のようなぼかし、2枚が合わさって見るからに涼しそう!!

お客様に納品するときに、着ていただきました♪

 

夏の訪問着 紗合わせ

 

甥っ子さんの結婚式に着て行かれるそうです。

見た目も涼しく軽やかで、これさえあればこの季節のおよばれにもバッチリ!ですね!!

「ステキ〜♡ 着て行くのが楽しみ♡♡」と、とても喜んでいただけました♪

 

暑い季節の結婚式やパーティー、ホテルなどでの同窓会など、しっかりフォーマルな式事からちょっといい感じに装いたい時まで幅広く着ることができます。

 

紗合わせの着物は生産量が少なく、なかなか見ることができませんが、『京裳苑』なら揃います!!

 

第41回 京裳苑のご案内

 

毎年6月に京都「みやこめっせ」で開催している京裳苑。

今年は第41回目。

40年も続く伝統ある、山本呉服店のお客様にしかご覧いただけない特別な新作発表会です。

秋冬物はもちろん、紗合わせのように夏物も数多く揃います。

ここでしか見られない、特別な3日間。

どれか1日、京都で着物選びにお出かけしませんか?

 

期日:平成30年6月2日()、3日()、4日(月)の3日間。
   3日間のうちどれか1日お出かけする、「日帰りお買い物バスツアー」です。

行き先:京都 平安神宮前「みやこめっせ」
    みやこめっせで1000畳を超える広い会場で、着物や帯など超一流の機屋・染め屋の新作が勢揃いします!

 

お問い合わせは

山本呉服店 揖斐本店 TEL 0585−22−0140

山本呉服店 池田店  TEL 0585−45−7140

きものやまもと 北方店 TEL 058−323−8140

へ、お電話くださいね。