平成29年6月3日()4日()5日(月)の3日間

京都の平安神宮前にある、京都最大級の展示会場「みやこめっせ」で、

山本呉服店主催の秋冬物の新作発表会を開催します。

着物の本場・京都で、丸1日、着物選び、観光、お食事と、

京都を満喫できる「日帰りお買い物バスツアー」です。

 

第40回京裳苑 集合写真

 

1000畳を越える広い会場を、超一流の機屋さん、染め屋さんに出品いただきます。

山本呉服店のお客さまにしかご覧いただけない、特別な展示会です!

 

作家さんの個性が光る!加賀友禅

加賀友禅は、自然や古典をモチーフとした絵画のような柄が特徴的。

色も「加賀五彩」と呼ばれる色を基調に、

多彩で優美な色づかいがとっても美しい着物です。

京裳苑会場 加賀友禅

京裳苑会場 加賀友禅

 

京友禅が何人もの人の手を経て作られるのに対して、

加賀友禅は1人の作家さんが最初から最後まで製作に携わっているので、

作家さんによって作風が全く違います。

 

加賀友禅の着物は、いわば”きもの”というキャンパスに描かれた芸術作品!

女性のなにげない仕草に秘められた着姿の美しさ、

作品の絵柄が創り出す空間にこだわり、独自の友禅を創る由水煌人先生。

美しい花々の写生から起こしたデザインで優美な世界を創り出す藤村建雄先生など、

いろいろな加賀友禅の作家さんのそれぞれのこだわりが詰まった作品が「京裳苑」の会場に揃います!

 

 

 

優美さの中に凛とした風格が漂う

 

加賀友禅の着物は、

柄ゆきにも流行がなく、飽きがこず、華美すぎず、でも存在感がある。

娘や孫へ受け継いでいくことのできる着物です。

 

京裳苑会場 加賀友禅 試着

京裳苑会場で加賀友禅の色留袖を試着されるMさま。
着物も帯もフルコーディネート!

 

加賀友禅の良さは一言では言い表せませんが、

自然の草花や風景をモチーフに、優しく美しい色合いで描き、

凛とした風格があり、粛々とした心もちになるような、そんな良さがあります。

 

子供や親戚の結婚式には必需品の黒留袖や色留袖、

結婚式、パーティー、お宮参りや七五三などの節目には重宝する訪問着など、

種類も豊富に一堂に勢揃いし、着比べ、見比べして選べるのは「京裳苑」だけ!

 

ぜひこの機会に、あなたを美しく引き立ててくれる加賀友禅の着物の出会い、

「優しく、美しく、凛とした」そんなときめきを体感してください!

 

 

 

山本呉服店主催「第40回 京裳苑」のご案内

 

「京裳苑」を40年も続けてこられたのは、偏にお客さまのご支持があればこそ!

大勢のお客さまに「京裳苑で選んで良かった!」とお喜びいただけたことの積み重ねが、

40年という「京裳苑」の歴史になっています。

 

「加賀友禅」をはじめ、京友禅などの一流の染め屋、機屋が一堂に勢揃いし、

それぞれの作家さんのこだわりを聞き、見比べ、着比べてみて選ぶことができる、

こんな機会は日本中探してもありません!

何かひとつでも、「着物が欲しいな」、「帯が欲しいな」と思ったら、

ぜひこの機会に「京裳苑」へご来場いただき、宝物になる1枚に出会ってください!

 

 

 

開催期間:平成29年6月3日()、4日()、5日(月)の3日間

行き先:京都 平安神宮前「みやこめっせ」

参加費:無料

集合場所:きものやまもと北方店、山本呉服店池田店(大型バスが出ます)。
遠方からご参加をご希望のお客さまは、当日みやこめっせで現地集合も承りますのでご相談ください。

 

参加をご希望のお客さまは、事前に必ず

*お名前、ご住所、電話番号、メールアドレス

*参加日(6月3日()、4日()、5日(月)のどれか1日)

*参加人数

*バス乗車店舗(北方店、池田店、またはみやこめっせで合流)

*ご希望のお品物(振袖、訪問着、留袖、小紋、紬、袋帯…など)

をご連絡いただき、必ずご予約ください。(ご予約のない方は入場いただけません

 

京裳苑当日の1日の流れは

最新作の着物や帯が一番見られる「第40回 京裳苑」!スペシャルな企画が目白押し!」を見てね!

 

合わせたい着物がある方は、会場へお持ちくだされば着付けして合わせることも出来ます。

事前にお店で着物をお預かりできれば、こちらで会場へお届けしますので、

当日は行きも帰りも手ぶらでOKです!

 

「万勝の本袋帯が欲しい!」「たくさんの中から選びたい!!」という方、

「行ってみたいけど、どうしたらいいの?」「どんなものが見られるの?」などなど、

もっと詳しく聞きたい!という方は

こちら↓↓↓

お問い合わせ画面のリンククリックしてね

または

揖斐本店 TEL 0585ー22ー0140 

へ、お電話下さいね!

 

≪バス乗車店舗≫

 

≪京裳苑会場≫