Monthly Archives: 11月 2014

鹿児島市の小高い丘の上にある

城山観光ホテル、

 

 

一流のホテルでありながら

桜島がどー〜ーんと見える天然温泉があって、

九州一の朝バイキングも魅力!

 

 

鹿児島へ大島紬を見に来た時は  御用達ホテル

 

 

 

今回   もう一つの魅力は

 

40万個のライトアップ   !

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鹿児島市内を見渡す 広ーーいお庭一帯が

ライトアップされている。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

たくさんのカップルも来ていました。

 

デートスポットになっているんですね !

 

 

image

奄美から 鹿児島へ

 

 

鹿児島といえば   白クマ  !

 

むじゃき  という中華料理屋さんのデザートメニューの

かき氷が  日本一有名になっちゃった  ‼︎

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

白クマの顔に見えますか  ?

 

目は干しブドウです。いろんなフルーツで  飾られています。

 

 

 

 

セブンイレブンでも  コラボの白クマはあるけど

 

やっぱり本家は全然違う  (^_^)v

 

 

 

わざわざ飛行機に乗ってでも食べに行きたい❗️

 

 

 

かき氷大好きの母を連れて行かない手はない  。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな、寒くなってからかき氷かね・・・

 

 

と言いながら

 

満面の笑顔 (((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 

キメが細かく、フワフワ  〜   〜

 

練乳の味がすべてに行き渡り、甘さが  さらりー

 

 

 

 

かき氷好きにはやっぱり辞められないーー

 

もちろん、完食  。

 

 

コレならまた  食べに来てもいいわ〜

むじゃきのお店を出た時の感想でした  (o^^o)

大島紬の糸染めに欠かせない  テーチ木  。

 

奄美では  とてもポピュラーな木です。

 

 

 

泥染めの  野崎さんのお家の庭にも有りました。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この木で10年くらいかな  ?

 

鳥が  種を蒔いて行ったのさー  。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど 実がなっていました。

 

 

 

小さい時 よくその実を食べたわ、 と

 

野崎さんと奥さんが言われたので

 

食べてみました。

 

 

 

 

特に 味って何も無し (-_-)

 

美味しいものではないです。

 

 

 

掌に乗ってるのが種です。

鳥のお陰でこうしてどんどん増えるんだそうです (o^^o)

私は作るだけ、

 

他のことは皆   この人に任せてます    (*^^*)

 

 

 

ニコニコと迎えて下さったのは

 

とても息のあった素敵なご夫婦でした。

 

 

 

よく外国人に間違えられるんですよーーー

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奄美大島紬の組合で

 

一番若い方向けの  大島紬を作っていらっしゃる

メーカーさんを紹介してください、

 

って言って紹介されたメーカーさんを訪ねました。

 

 

 

数々の受賞作品も掛けてありました。

 

 

 

そう言えば  今まで  お客さまに買って頂いた柄もあって

 

親しみを感じます  ❗️

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

奄美では   泥そめが中心になるから

 

どうしても  地味になるんですよね、

 

 


image

 

 

 

 

 

 

 

総絣のこんな手間の掛かるものも作っているんですよ 。

 

 

桐箱の中から出されたのは

織物に見えない程 精巧な

そして華やかな大島紬でした。

 

 

人が作らない  変わったものを作りたいんです。

 

 

大島紬にかける想いを感じた時間でした。

この着物、憶えがあるでしょう  、

 

ずーーっと前のだけど、コレが着たいっていうから

 

おばあちゃんが着せてくれたの   (*^^*)

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おばあちゃんの代から親しくさせて頂いているIさん。

 

 

 

雨上がりの午後、三輪神社でお宮参りするからと

 

知らせて下さったので、嬉しくて

 

写真を撮りに行きました。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結婚されて遠くで住んでいらっしゃるんだけど

 

この子もまたずーーーっとお付き合い出来るといいな 〜 (*^_^*)

 

image

本場大島紬と言っても  産地は

 

鹿児島市と奄美大島の  二つが有ります。

 

image

 

 

 

 

 

本場大島紬には   織り出しに  生産地の名前や

 

機屋さんの名前が織り込んであって

生産地を特定する証紙が貼ってあります。

 

 

 

 

そして  生地と証紙を掛けて  割印が施され、

 

証紙の上から   打ち抜き印がしてあって

 

その反物自身の証明書になっています。

 

 

 

 

かごしま、奄美、それぞれに  組合があって、証紙が異なります。

 

 

鹿児島の検査場を通ったものには   旗印、

image

 

 

 

 

 

 

 

奄美の組合の検査所をとおったものには 地球印

image

 

 

 

 

 

 

 

さらに

テーチ木と泥染めがしてあるものには

 

純泥染めの証紙が付けて有ります。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物々しい程の証紙が貼って有りますが、

 

 

コレこそが 製作に携わった方たちの

思いの集積なんだと感じます。

 

 

 

それぞれに 皆 意味があるんですよ  。

 

 

 

証紙と織り出しを  じっくり見て

 

その大島紬が   どんな所で生まれ育ったのか  、

 

想いを巡らすのも  愉しいですよ  (*^_^*)

今まで テーチ木で染めてたんやーー

 

 

手が赤いやろう 〜 〜

 

 

じゃあ、この後 泥染めしたら黒くなるんですね、 手も (笑)

 

 

赤いままやーー 、手は黒くはならんわ !

image

 

 

 

 

 

 

 

 

泥染の 伝統工芸士 野崎松夫さんは

 

私達が到着するのを待っていて下さいました。

 

 

 

とっても真面目そうな、仕事一筋の方でした。

手には何十年ものキャリアが染め上げられていました。

 

 

 

 

大島紬の糸は テーチ木の煮出し汁で4、50回染めます。

image

 

 

 

 

 

 

 

 

この釜の左に積み上げてあるのが

テーチ木を木っ端に砕いたものです。

それを直径2mもある釜で煮出して煮汁を作ります。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

液は フツフツと泡立っていました。

 

 

 

いきなり 野崎さんが

ここへ 手を突っ込んで舐めてみよ 、と。

 

 

えーーーーーー、こんなの舐めて大丈夫 ❓

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

躊躇ってると、

 

 

野崎さんが こうやって 味みてみるんだよ 〜 、

 

 

真似てやってみると

 

 

しぶーーーーーい ❗️

 

 

 

コレが お茶と同じ成分、 タンニン酸なんですって 。

 

 

タンニン酸と 泥の鉄分が反応して

あの 大島独特の 茶泥色になるんですね (*^^*)

 

 

 

 

ココで  蒸して  色留めるんです。

 

 

 

大型の業務用冷凍庫のような小屋から

 

染めたムシロ   (大島紬の糸の束を柄を付けるために綿糸で織ったもの)を

取り出して見せてくださいました。
image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に 泥田で染めます。

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とてもキメの細かい泥です !

 

 

 

鹿児島市の泥では 鉄分が無いんですか ?

 

 

 

いいや、 あるかもしれんけどなーーー、

 

鹿児島は 桜島の灰が混じるやろ、

あの灰は 棘があって繊細な糸を傷付けてしまうんやーー❗️

 

 

 

なるほど、 そうだったのか (^^) 納得しました 。

 

 

 

 

泥田には のどかに 鯉やカエル、アメンボも居ました。

 

 

 

 

 

織屋さんが コレ染めてくれ、って持って来たもんを染めてるだけやーー。

 

 

他の事は ワシには分からん 、

 

 

一つの仕事を 伝統工芸士の域まで突き詰めた自信が伺われました。

 

 

 

 

野崎さんご夫婦には大変お世話になりました m(__)m

本場大島紬のメーカーさんを訪ねて

 

奄美大島へ。

 

 

 

 

先ずは   腹ごしらえ  。

 

奄美大島  と言えば   名物は    鶏飯  (けいはん)。

 

 

 

せっかく食べるなら   美味しいお店  !

 

 

 

選んだのが     みなとやさん。

 

皇后さまが    いま一度  、とお代わりされたという名店!

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皇后さまがお代わりされた事が 石碑に書いてあります(;゜0゜)

 

「今  一度 」とお代わりされたことは大変な事なんですね  !

 

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鶏飯 専門店とあって

メニューは 他のものは殆どありません。

 

 

お茶碗に半分くらい 白ご飯をよそって

たっぷり具を乗せ

濃厚な鶏の出汁を掛けて

お茶漬けのように食べます 。

具の鶏は 多分 出汁を取ったガラかな ?

 

 

 

名物を食して 奄美モード (笑)

 

 

 

伝統工芸士の泥染め職人さん、

野崎松夫さんに会いに行きます

本場大島紬の産地は  鹿児島市と奄美大島。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その特徴は   泥染め。

 

 

 

織る前の糸の段階で  テーチ木による草木染めと

鉄分をたっぷり含んだ泥で染める独特の製法です。

 

 

 

 

ということで   メーカーさんを訪ねて

 

奄美大島へ来ました。

 

image

 

 

 

 

 

 

 

飛行機を  一歩踏み出すと

 

 

ム〜ーーーー、       暑い〜ーー    !

 

 

嘘みたいです、     25℃もあります    (≧∇≦)

 

 

 

 

 

空港の近くで   レンタカーを借りて    出発ーーー  。

 

 

 

 

周りは   サトウキビ畑が延々と続いています。

 

海もエメラルドグリーン  (((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のどかな風景に    ホッ      !

 

 

こういう所で作られてるんだな  〜

 

 

 

紬は   生まれ育った土地が  色濃く反映している衣服です。

 

 

 

 

昔、毎日着物を着ていた時代には

お婆ちゃんやお母さんが家族の着るものを家で作っていました。

 

それが  今に残ったのが  紬の産地なんです。

 

 

 

細い糸で滑りのいい大島紬は

こうした温暖な土地で育ったものだったからなんですね  !

 

 

さて    先へ進みます   (^O^☆♪

 

 

こんばんは、千恵子です。

今朝はあいにくの雨でしたが、山本呉服店 池田店は大掃除をしました。

12月はたくさん仕事があって大変なので、

毎年11月末から12月の初めに一足早く大掃除をしています。

 

山本呉服店は最高にチームワークが良い店です。

協力してみんなでディスプレイの機材や着物などの商品、ボディなどを運びます。

DSC_5820

 

 

 

 

 

裏の展示会場もこの通り!

全部、入口まで運んで、何もありませ~ん (・o・)

DSC_5823

 

 

 

 

 

お掃除の基本は上から下へですよね!

お掃除の仕方も古典的で、雑巾や新聞紙、ほうきやチリトリ、

割り箸で“まつい棒”を作ったりして

昔ながらのお掃除道具を活用しています。

その方が結局、綺麗になるんですよね!

 

まずは天井の蛍光灯と、エアコンの掃除。

脚立に乗って外す&付ける係、

下ろして蛍光灯とカバーを拭く係の2人ペア(×2チーム)で進みます。

私(千恵子)は毎年、脚立に乗る係と決まっています。

会長(父)は実は「高所恐怖症」で高いところが苦手です…(-“-)

 

次は掃除機をかけて、次は畳を拭きます。

熱いお湯で堅く絞った雑巾で、一列に並んでスタート!!!

DSC_5825

 

 

 

 

 

この展示会場、なんと150畳あるんですよ~~♪ (@_@;)

結構、 かなり?大変… みんなヘロヘロです…

でも、今、社内でダイエット競走中なので

とっても良い運動になりました((笑)) ヽ(^o^)丿

 

店頭も床のクリーナーをかけて、黒い汚れをゴシゴシ手で削って…

夕方にはピッカピカになりましたよ~~~!!!

DSC_5828

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新品みたいに輝いてます★(*^^)v

 

ご来店されたお客様が

「あの~、靴のまま入っていいんですか・・・?」

って聞かれるくらい綺麗になりました★★★(*^_^*)

 

山本呉服店の大掃除は、みんなでワイワイ楽しく、

テキパキ動き、協力し合って進みます!

 

明日は定休日。

明後日の金曜日は北方店の大掃除です。

ご用のあるお客さま、ご遠慮なくお越しください。

でも、ちょっと丁寧なおもてなしができないかもしれません…

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします <m(_ _)m>